HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 30 大内宿

  イザベラ・バードの道    大内宿、イザベラ・バードの道    遍照の響き
                                  旅行日  2015. 8.21
    イザベラ・バードの道(関東・東北)地図      掲載日  2016. 1.22 
  

ライン

          大内宿と櫻木姫

大内宿

 この地方はまことに美しかった。
 私は大内宿の農家に泊まった。

 この家は蚕部屋と郵便局、運送所の宿所を一緒にした屋敷であった。「大内」集落へ
 村は山に囲まれた美しい谷間の中にあった。


         高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 大内宿には、イザベラちゃんが実際に泊まった阿部家「美濃屋」が現存し、立札にもその旨が書いてあります。

 今も郵便業務の委託を受けてるらしく、「切手販売」の看板が家に付いてます。

 大内宿に来た時は、慕休みが終わったためか、それなりの観光客も居たのですが、、秋に来た時には閑散としており、ズラッ~・・と並んでいる土産店も半分ほど店を閉めていました。

 もうすぐ冬が来ますからねぇ・・。

 大内宿、イザベラ・バードの道 阿部家「美濃屋」、イザベラ・バードの道 大内宿、イザベラ・バードの道
 大内宿、イザベラ・バードの道 大内宿、イザベラ・バードの道 大内宿、イザベラ・バードの道

 大内宿からの旧道は、「大内ダム」で途切れているのを知ってましたが、行ける所まで行ってみました。大内宿、イザベラ・バードの道

 村外れからの旧道は、昔の情緒・面影が残ってますが、たぶんほとんどの観光客は来ないでしょう。

 道端の辻には、地蔵さんも立っており、イザベラちゃんも見たでしょうか。

 秋の季節の写真2枚は、中禅寺湖からの帰りに撮ったもので、やっぱり夏よりも秋の方が情緒がありますね。

 大内宿、イザベラ・バードの道 「大内」旧道、イザベラ・バードの道 「大内宿」旧道の地蔵、イザベラ・バードの道

櫻木姫

 途中に「櫻木姫墳」が有ったので寄ってみましたが、石碑と看板だけでした。

 読んでみると、高倉宮以仁王が反平家をくわだてたが負けちゃい、流れ矢に当たって死んだ事になっている。大内宿、櫻木姫墳墓、イザベラ・バードの道

 が・・実はそれは替え玉で、本人は落ち延びてここを通り越後へ向かったという伝説があるらしい。

 で・・その以仁王さんを慕った女官「櫻木姫」が、ここまで追って来たが、病のためここで亡くなった塚だそうです。

 ええですなぁ・・落ちて行っても、慕ってくれる女性が居るのは・・
 ワシが戦に敗れて落ちて行ったら、越後屋はどっか他の所へ行って幸せに暮らすだろなぁ。

 ネットで調べてみると「高倉以仁王御墳墓考」というサイトに各地に残る伝説が詳しく記載してあり、大内宿の事も記録してありました。「大内宿」よりの旧道、イザベラ・バードの道

 イザベラちゃんは、この「櫻木姫」伝説を知ってたかな?

 旧道は「大内ダム」下で無くなっていました・・やっぱりね・・・

 国道へ出ると、そこに「薬水」説明看板と水が流れ出ており、櫻木姫も病が治るように・・と祈りながら、この水を飲んだらしいが、アカンかったようですなぁ。

 大内ダムへ行くと、自転車3人グループが休んでおり、話をすると立命館大学のサークルだと言います。

   大内宿「薬水」、イザベラ・バードの道   大内ダムより「大内宿」を望む、イザベラ・バードの道   大内ダム湖、イザベラ・バードの道


       前  目次  イザベラ・バードの道、次へ
               イザベラ・バードの道

   車中泊用品     イザベラ・バード関連書籍  ホームヘ
そ の 他 「道」 ・ 三 十 三 観 音 関 連 霊 場 ペ ー ジ
塩の道     津軽霊場記  御蔵入霊場  会津霊場  越後霊場 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

ライン


無