HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 32 高 田

 イザベラ・バードの道      高田、伊佐須美神社、イザベラ・バードの道  遍照の響き
                                  旅行日  2015. 8.21
    イザベラ・バードの道(関東・東北)地図      掲載日  2016. 1.28


ライン

        高田へ

市野

 ここは美しい場所であるが、傍は切り立った崖となっている。「市野」集落入口
 すばらしい飛瀑があり、そのしぶきで村中がまったく湿気に浸されている。

 そこの駅馬係は女性であった。
 男女の数や、馬や牛の数を記した掲示板がどの村にも立てられている。

     高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 「市野」集落は観光化されていないので、「大内宿」よりも昔の宿場街の情緒を残していると思う。

 「飛瀑」というほどの谷も滝も無いが、集落の中を川が流れてます。「市野」集落、イザベラ・バードの道

 川を隔てた青い屋根の家があり「旧名主宅乗り入れ玄関」の案内杭が立っていました。

 この「市野」の駅馬が有った所は、ネットで調べると現存しているらしいが場所がわからなく、看板でも有れば良いのだがなぁ。

 イザベラちゃんは「男女の数等を記した掲示板が村に立っている」と書いており、「市野」集落には有りませんでしたが、この先にある「下小川」集落には、集落案内図が有り集落内の家と名前が書いてありました。「市野」集落、イザベラ・バードの道

 さすがに現在では、男女別の数や牛・馬の数を記しても、しょうがありまへんわなぁ。
 書くならば、世帯ごとの車とバイクの数でしょうか・・

 以前「会津三十三観音霊場」を巡った時にも、同じような集落案内図が有ったのを見た事があり、こおいうのは会津地方の伝統なのかな?

 初めて来る人には便利ですが、たぶん、ぼちぼちプライバシーとか個人情報の関係で無くなっていくと思います。

 「市野」集落、イザベラ・バードの道  市野集落、旧名主宅、イザベラ・バードの道  市野集落、イザベラ・バードの道

 上小川

 市川から馬に乗って、まもなく平野に出た。イザベラ・バードの道
 遠くには、森のある村々の切りたった屋根が見えて、絵のように美しい。


          高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 イザベラちゃんは、「高田」まで途中の集落名を記載してませんが、地図を見ると「大黒沢」「駒谷」集落を通っていると思い旧道を走ってみました。

 各集落も「市野」集落と同じように、家の件数は少ないですが、昔の情緒を残していました。

 「上小川」集落付近で道が二手に分かれるので、どの道を通ったのじゃろ・・

 地図を眺めると「下小川」「富岡」経由で「高田」へ出るのが最短距離で、イザベラちゃん達も、たぶんそのルートを通ったと思う。

 「大黒沢」集落、イザベラ・バードの道  イザベラ・バードの道  「駒谷」集落、イザベラ・バードの道
 「駒谷」集落、イザベラ・バードの道  「上小川」集落、イザベラ・バードの道  「下小川」集落、イザベラ・バードの道

 下小川

 道路が悪く、さらに馬が悪いために、興味がそがれた。
 天候は悪くなり、静かな温かい雨となった。

 水田は二番目の除草が始まっている。
 その仕事をしている男達の大部分は、頭に笠をかぶり、腰帯に団扇をさしていた。

               高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より

 「下小川」で写真を撮っていると、雨が降り出したので雨具を着ました。イザベラ・バードの道
 イザベラちゃんと同じですなぁ・・・

 「下小川」から「富岡」へは川沿いの道が有り、たぶんこれが旧道だと思って走りましたが、途中より砂利道・・さらにタンボの畦道のように草が生えてます。

 あちゃあぁ・・違ったかなぁ・・と思い地図を見ましたが、やっぱりこの道しか思い当たらん。

 再び舗装道路に出て、「富岡」集落に入りました。

 「富岡」集落は、「会津三十三観音霊場」「御蔵入三十三観音霊場」巡りで来た事とがあるので、チョピリ懐かしい。

 しかし雨が降っているので懐かしむヒマもなく、写真を撮るだけで先を急ぎました。

 イザベラ・バードの道  イザベラ・バードの道  「富岡」集落、イザベラ・バードの道

 高田

 杉の並木道となり、金色のりっぱな仏寺が二つ見えてきたので、かなり重要な町に近づいてきたことがわかった。

 高田はまさにそのような町である。「高田」町内、イザベラ・バードの道
 街路は1マイルも続き、どの店も商店となっている。
 町の外観はみすぼらしく、わびしい。


          高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 イザベラちゃんが書いてる「杉並木」と「金色の寺」が、どこなのかよぉ~わかりまへん。

 ネットを調べると「金色の寺」は「富岡の観音堂」という説が有力らしいですが、あそこに金ピカな物なんて有ったかなぁ。会津高田駅、イザベラ・バードの道

 「杉並木」は「高田」には無いように思い、杉が有る場所としたら「富岡」からも入れる「伊佐須美神社」の杉の事を言ってるような気がします。(一番上の写真)・・・違うかなぁ・・

 雨が降ってるので「高田」町内にホテルか旅館が無いか、通りを走って探しましたが見つけれませんでした。

 しかたなく高田駅で雨宿りをして、ここで野宿しても良いのだが・・。

 ちなみに、イザベラちゃんを見ようと、ここでも町中の人達が集まって来て、ドエレエ目に遭ったそうです。



  前   目次  イザベラ・バードの道、次へ     
     イザベラ・バードの道

  車中泊用品     イザベラ・バード関連書籍   ホーム
そ の 他 「道」 ・ 三 十 三 観 音 関 連 霊 場 ペ ー ジ
塩の道     津軽霊場記  御蔵入霊場  会津霊場  越後霊場 
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記  熊野古道 木造校舎・廃校シリーズ  西国霊場記  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具 

ライン


無