HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 37 野 沢

   イザベラ・バードの道  野沢、イザベラ・バードの道  遍照の響き
                                  旅行日  2015. 8.23
    イザベラ・バードの道(関東・東北)地図      掲載日  2016. 2.12

ライン

               野沢

野沢

 「新橋」付近、イザベラ・バードの道 「縄沢」付近、イザベラ・バードの道 「縄沢」集落、イザベラ・バードの道

 国道から「野沢」へ向かう旧道へ入り、「新橋」「縄沢」集落内をテクテク・・「縄沢」付近、イザベラ・バードの道
 この辺は、朝バスで通ったので、だいたいの様子がわかります。

 私が先頭になって騎馬旅行を続け、ただ一人で野沢という小さな町に着くと、人々は好奇心をもって集まってきた。
 ここで休息してから・・・

        高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 高速道路付近、イザベラ・バードの道野沢、諏訪神社、イザベラ・バードの道野沢、一里塚、イザベラ・バードの道

 「野沢」の入口に諏訪神社が有り、側に一里塚の説明書きもあります。

 この諏訪神社は、「訪」と書かずに「方」と書くよおで、ネットで調べてみると、本家本元の諏訪神社に遠慮して「言」偏を書かないとか、どうとか・・

 この諏訪神社で江戸時代に「鉄火の裁き」というのが有ったそうで、山の境界が不明なため村同士がケンカしてたけれど、お裁きにより代表者が鉄火を受取、最初に落とした方が負けという裁判が有ったそうな。

 白黒の判定と云うよりも、どっちがコンジョが有り、ガマン強いか・・・が、鍵になるというお裁きで、代表者も気の毒に・・・。野沢、イザベラ・バードの道

 あんまり人通りの無い町並を行くと、街灯だけがハイカラな洋風ですが、それが昔の賑わいが有った名残を示しているようで寂しげに見えます。

 「六地蔵」が有り、奥に説明書きが見えたので読んでみると、「俗称化け地蔵」と書いてあります。

 ほほおぉぉ・・・・夜になると地蔵さんが化けて出るのか・・と思ったが、そおでもないらしい。

 石灯籠の火袋に地蔵さんが彫ってあるので六地蔵であり、この石灯籠が夜になると何かに化けて一般庶民を怖がらせたらしく、刀で斬られてからは、それが無くなったよおです。

 何度も野宿した「道の駅 西会津」に着き一休み。

 野沢、六地蔵、イザベラ・バードの道野沢、イザベラ・バードの道 野沢、イザベラ・バードの道

徳沢駅

 明日は「野沢」から「車峠」等を越えるのですが、どおしても距離的に「津川」まで歩いて行くのは無理です。

 その中間付近の「徳沢駅」で野宿して、「野沢」まで汽車で戻り、車峠を越えて「徳沢駅」まで行く予定にしてました。徳沢駅、イザベラ・バードの道

 暗くなる前に「徳沢駅」へ行きましたが、ホームに電車が止まっており「落石事故で、時間待ちしている」と盛んに放送しています。

 徳沢駅前も過疎っており、昔は車の通りも多かったのでしょうが、今は片鱗も有りません。

 徳沢駅を利用する乗客は、ほとんど居ないよおなので、遠慮無く椅子とか窓に濡れた雨具や何やらを一杯広げて乾かし、床に銀マットを敷いてトットと寝ました。

 もお、この付近まで来ると野宿にも、すっかり慣れちゃって、乗客の視線とか不審尋問なんかも全然気にしてません。徳沢駅舎内、野宿、イザベラ・バードの道

 そお言えば今回の旅では、不審尋問が一度も無かったなぁ。

 途中、蚊がウルサイので窓・戸を閉めて、頭と足下の二箇所に蚊取線香を炊きました。

 翌朝、見ると駅舎内で夜中に遊んでいた蛾とか昆虫とかは、蚊取線香にやられて死んでおり、すごい威力でんなぁ。

 寝ながら考えたのですが、車峠の旧道はネットに載っていましたが、入口がハッキリわかりません。

 いっその事、車峠入口まで「チョイノリ」で行き、入口がわかったら徒歩で上り、わからなかったら、そのまま「チョイノリ」で以後の峠越えをする事にしました。

 徳沢駅、ホーム  徳沢駅ホーム  徳沢駅前通り

        前    イザベラ・バードの道、目次    イザベラ・バードの道、次へ 
                イザベラ・バードの道


  車中泊用品     イザベラ・バード関連書籍   遍照の響きホームヘ
関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 

ライン

無