HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 39 車 峠

    イザベラ・バードの道  車峠。イザベラ・バードの道   遍照の響き
                                  旅行日  2015. 8.24
    イザベラ・バードの道(関東・東北)地図      掲載日  2016. 2.16


ライン

             車峠

 野尻

 日暮れ時に野尻という美しい村に到着した。「下野尻」イザベラ・バードの道
 この村は、水田の谷間のはずれにあった。
 夕方ではあったが、私は穴のような宿で日曜日を過ごしたくはなかった。

 1500フィートほど高い山の端に一軒家が見えたので、聞いてみると茶屋であることがわかったから、そこまで行くことにした。

               高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 「野尻」を通ったが特別に「美しい」という印象も無く、普通の集落だったが、イザベラちゃんは、何に感激して「美しい村」と思ったのだろうか?

 イザベラちゃんのように「下野尻」から「車峠」を見上げたが、どれが車峠かわからんほど低い山が連なっており、良く峠の茶屋を見つけたと思う。「下野尻」イザベラ・バードの道

 ネットに車峠へ上がる古い旧道を歩いた記録が出ており、村外れの神社付近から登るらしい事はわかっていたが、やっぱり登り口がわからん。

 ネットで見た旧道は、細い道で草が茂り整備されてないようなので、あきらめて林道を行きました。

 草が道の両端から出ていますが、草藪になっているわけでもないので、それほど苦労しなくても通れました。

 「下野尻」イザベラ・バードの道  「下野尻」の神社。イザベラ・バードの道  車峠へ向かって。イザベラ・バードの道

車峠

 うねうねと続く山路をのぼるのに45分もかかった。
 この道によって難所の峠を越えるのである。

 暗闇となり、さらに雷鳴が稲妻を伴ってやってきた。
 ちょうど私たちが着いたとき、青い巨大な稲妻が宿屋の内部まで明るく照らした。
 この宿屋は、車峠の刀のような鋭い山の端にほとんど突き出るばかりという、すばらしい場所に立っている。車峠の茶屋跡付近。イザベラ・バードの道

 会津の山々の雪景色はすばらしいし、ここには他に二件しかないから、群衆にわずらわされることなく自由に散歩できるからである。

 旅人や馬子たちがごろごろしている。
 車峠をこちらからも向こうからも上がって来る人々は、ここで一休みして一杯のお茶と食事をするからである。

 私はこの宿屋が見晴らしの良いことを賛美する文章を書いた。
 私がそれを英語で読み、伊藤が翻訳すると、まわりの人々は皆、たいそう満足気であった。
 それから私は四本の扇にも書くように頼まれた。

       高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 やがて小さい観測所の小屋が見えたと思ったら、そこが車峠の頂上で付近には「水準点」も有りました。(一番上の写真)車峠の茶屋跡付近、イザベラ・バードの道

 茶屋跡が有ったと思われる付近は、広くなっていますが木が茂っており、どの辺に茶屋が在ったのか、今となってはわかりまへん。

 イザベラちゃんは、ノミさえいなければ景色の良い、ここに留まりたいような事を書いてましたが、見渡しても麓の「野尻」集落が見えるほどの景色ではなかった。

 もっとも草が茂っていたので、わざわざ探し回らなかっただけですが・・・・

「チョイノリ」危うし

 車峠から西へ向かう道路は、とてもひどいもので、駅場間はただの1マイルしか離れていないことがある。

 この道路はあらゆる合理的な近代思想を無視したもので、山をまっすぐ登り、まっすぐ下る。

 その傾斜角度ときたら、当てずっぽうを言うのもこわいくらいである。
 こんなにひどい道路を馬に乗って通るのははじめてであった。車峠より。イザベラ・バードの道

           高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 道はこの車峠までは幅広でしたが、今まで以上に草がガバアァ~・・と両端から伸びて茂っています。

 行けるんかなぁ・・・

 草は刈ったようで、目印にしたらしいピンクテープが、時々草に縛ってあり、たぶん側を通る電線路の保守用道路として刈ったのだと思う。

 「チョイノリ」で通った道はイザベラちゃんが書いてるような、近代思想を無視した傾斜のある旧道ではなく、たぶん後から出来た新しい林道でないかな?

 車峠のヌカルミ。イザベラ・バードの道 車峠より下りる道。イザベラ・バードの道 車峠からの道を遮る倒木。イザベラバードの道

 しかし道は、イザベラちゃんが書いたようにヒドイもんで、「チョイノリ」の馬力不足を補うために、地面を蹴っていると、履いてたツッカケは脱げるし・・

 ヌカルミの所で、タイヤが空回りしそうだから、泥の中に足を突っ込んで支えたため、靴下は濡れるしぃ・・車峠から下りる二度目の倒木。イザベラ・バードの道

 そいでもって、ついに恐れていた倒木が、道に横たわっており・・あちゃあぁぁ・・・!!。

 今さら、あのヌカルミの道を引き返すのは、イヤだなぁ・・と思いながら、「チョイノリ」を斜めにして、なんとか木の下を通しました。

 少し行くと、再び倒木が・・・ガアァ~ン!!・・・・通れるかなぁ・・と、木の側に近寄って調査していると、

 このクソ忙しいのに、モクがポケットから落ちるわ・・
 ツッカケが脱げるわ・・
 靴下も泥に濡れちまうわ・・・車峠。倒木の下を倒して通す「チョイノリ」。イザベラ・バードの道

 そんなこんなをしながら「チョイノリ」を真横に倒して、向こう側から引きずり寄せて、無理矢理に通しました。

 この先にも倒木が有って通れなかったら、引き返さなければアカンので、泣くでぇ・・ホンマに・・

 幸いにも倒木が無く、無地に国道へ合流しました。

 イザべラちゃんではないが、ホンマにヒドイ道だった。

 「イザベラ・バードの道」をたどった行程で、倒木のため「チョイノリ」を横倒しにして通したのは、この車峠だけで、今、想い出してもここが一番の難所でした。

       車峠より下りる。イザベラ・バードの道       車峠からの下り口。イザベラ・バードの道

           イザベラ・バードの道、前ベージへ  イザベラ・バードの道、目次    イザベラ・バードの道、次へ
                   イザベラ・バードの道

   車中泊用品     イザベラ・バード関連書籍   遍照の響きホームヘ
関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 

ライン

無