HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 41 八木山

   イザベラ・バードの道    八木山、イザベラ・バードの道   遍照の響き
                                  旅行日  2015. 8.24
    イザベラ・バードの道(関東・東北)地図      掲載日  2016. 2.20


ライン

          福取より八木山へ

福取

 「八ツ田」集落より国道へ出て、少し行った所で「福取」集落への道を行きます。

 道の両側に、コンモリとした所があり「福取一里塚」の看板が有りましたが、イザベラちゃんの紀行文には記載してありません。

 まぁ・・一々そんな小さい事まで書いておれんでしょうなぁ。

 「福取」へ、イザベラ・バードの道 福取一里塚、イザベラ・バードの道 福取一里塚、イザベラ・バードの道

 やがて「福取」集落が見えた所の道端に、やっぱし木に「お札」が縛りつけてあり、その横にはコンクリ製の柱までありました。「福取」集落、イザベラ・バードの道

 このコンクリの凹には、「古峯神社」のお札が入っており、こおいう形式で入ってる「古峯神社」の「お札」は会津地方を巡った時に良く見かけたので、会津地方の独特な風習だと思います。

 しかし、越後地方ではそのような風習を見た事が無かったので、今は新潟県に属していますが、昔は会津に属していた風習の名残なのでしょう。

 木に「お札」を取り付けるのは、よぉ~わからんが・・・

  福取の「お札」、イザベラ・バードの道   「福取」集落、イザベラ・バードの道   惣座峠、イザベラ・バードの道

惣座峠

 「福取」集落を通り過ぎ、「惣座峠」と思える坂道を上った所までは良かったんです。惣座峠、イザベラ・バードの道

 おおしぃぃ・・このまま舗装道路を行けば快調、楽勝だな・・
 が・・峠を過ぎた少し行った所で道が有りません。

 はらあぁ~・・どおなってるの?

 地図を確かめると、一本の実線で道は続いてる事になってます。

 どおやら、ここで舗装は終わりで、残るは草が生えてる林道のような道を行くようでした。

 どうせならば最後まで舗装道路にしてくれると良いのにぃ・・と思ったが国道が出来たので、ここで舗装をヤンピしたのでしょう。

 惣座峠より、イザベラ・バードの道 惣座峠、道路の陥没、イザベラ・バードの道 惣座峠より、イザベラ・バードの道

 また倒木がなければ、ええんじゃがぁ・・と思いながら走ってると、草は刈ってありますが、やっぱしヌカルミが有り、そのうち崖崩れで道が陥没してる所が有りました。

 幸い「チョイノリ」が通れる道幅が残っていたので良かったが、車では通れまへんなぁ。

 電柱線路の保守程度にしか利用されていないような状態の道なので、たぶん、このまま直さないような気がする。

 陥没が大きくなったら、完全に廃道になる可能性が有るが、電線経路が有るので、何とかホソボソと残るかもしれまへん。

 草を掻き分けて走り、そのうち上水道施設が見える付近から道が良くなりました・・砂利道だったけど・・・

 惣座峠の麓、イザベラ・バードの道  惣座峠の麓、イザベラ・バードの道 「八木山」集落、イザベラ・バードの道

八木山

 国道に出て、再び旧道へ入り「八木山」集落に入ると、道端に昔の集落案内図が有り、けっこう茶屋とか旅館が道沿いに有ったようです。

 ちなみに昔の「八木山」越後街道は、車道ではなく人家の前を通っていたようですが、なんせ気弱な性格のモンだから、他人の家へ入ってくような気がして行きませんでした。「八木山」集落、イザベラ・バードの道

 案内看板が有る所の階段を少し上って、写真だけはコソコソッ・・と撮りましたが・・・・

 近くに「横井戸清水」が有るらしかったが、わからんかった。

 「八木山」から国道に出て走ると、「栄山の一リ石」の看板があり、石が二つ転がっており、確かに「一リ」と彫ってあり、この看板が無かったら、知らない人は単なる石が転がってるだけだと思う。

 「八木山」集落、イザベラ・バードの道  国道、イザベラ・バードの道  「栄山の一リ石」、イザベラ・バードの道

        イザベラ・バードの道、前へ    イザベラ・バードの道、目次へ     イザベラ・バードの道、次へ  
                  イザベラ・バードの道

  車中泊用品   イザベラ・バードの道関連書籍   遍照の響き、ホームへ

関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 

ライン

無