HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 44 阿賀野川

    イザベラ・バードの道    阿賀野川。イザベラ・バードの道     遍照の響き
                                    旅行日  2015. 8.24
      イザベラ・バードの道(関東・東北)地図      掲載日  2016. 3. 1


ライン

           阿賀野川

阿賀野川

 新潟行きの船は8時に出ることになっていたが、5時に伊藤が私を起こして、船が満員になったから、すぐ出かけようと言う。津川「大船戸」。イザベラ・バードの道

 そこで私達は急いで出発した。
 宿屋の主人は私の大きな籠を背負って川まで走ってくれ・・別れをつげた。

           高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 「津川」の阿賀野川にある「大船戸」船着場は昔からあり、「新河戸」船着場はその後に作られたものだそうです。

 そいで、イザベラちゃん達が大慌てで船に乗り、宿の亭主が荷物を抱えて見送ってくれたのは「大船戸」の方です。津川「大船戸」。イザベラ・バードの道

 どんな立派な船着場かと思って阿賀野川まで来てみると、看板が無ければ見過ごしてしまいそうな川端で、草が生えてるだけで何も残ってません。

 ええっっ・・??、こんな所に船が着いてたの?

 看板に昔の絵図が載っており、当時は、もう少し阿賀野川方向に土地が有ったようです。

 ちなみに後から出来た「新河戸」の方は、いっちょまえに船を係留する係船柱が1個だけ残っており、こちらの方が、階段も有るのでまだ船着き場らしく思える。

 昔の「大船戸」絵図。イザベラ・バードの道 津川「大船戸」。イザベラ・バードの道   津川「新河戸」。イザベラ・バードの道

 ここは二つの川が合流している。
 景色がとても美しいので、もっとゆっくりしていたいと思うほどであった。

 出発したときには、日本人が22名入っていたが、川に沿った村落で彼らを下ろしたので、新潟に着いたときには3人だけとなった。

             高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 「津川」から麒麟橋を渡り、阿賀野川沿いの車も少ない国道を、ルンルン気分で「チョイノリ」を走らせていると、「大牧」を越した所で柵が有り「通行止め」・・ゲッ!!??津川「麒麟橋」より。イザベラ・バードの道

 あらあぁ~・・そんなの聞いてねぇぞぉ・・・

 確かに国土地理院の地図にも、コツゼンと途中から道が記載されていませんでしたが、多分これは印刷漏れだろ、地理院もシッカリしてよ・・・・と思っていたのです。

 が・・こおいう事情で車の通りも、ほとんど無かったんだなぁ・・せっかく川沿いに、イザベラちゃんが堪能した景色を見ようと思ったのにぃ。

 ガッカリしながら引き返し、麒麟橋近くの津川駅で一休み。

 待合室はクーラーが効いて涼しおり、地図を見直すと新国道が山の方へ作られており、「チョイノリ」の苦手な長いトンネルも有るようです。

 津川「麒麟橋」より。イザベラ・バードの道 旧国道の通行止め柵。イザベラ・バードの道 津川駅。イザベラ・バードの道
 阿賀野川「黒岩」付近。イザベラ・バードの道 阿賀野川「御前淵」付近。イザベラ・バードの道  阿賀野川「五十島橋」より。イザベラ・バードの道

 川は高い断崖に囲まれ、見える岩や沈んでいる岩が流れに散在し、急に曲がるところも数カ所あり、浅瀬のところも多く、船は矢のように流れを下るからである。阿賀野川「取上橋」より。イザベラ・バードの道

 私はこの日、飽きることなく楽しんだ。
 川の流れを静かに下るというのは、実に愉快であった。

 津川を出ると間もなく、川の流れは驚くべき山々にさえぎられているように見えた。

 山塊はその岩の戸を少し開けて私達を中に通し、また閉じてしまうようであった。
 露骨さのないキーレン(不詳)であり、廃墟のないライン川である。阿賀野川。イザベラ・バードの道

 うっとりするような景色を眺めながら、12マイルの津川下りを終えると、それからのコースは、ゆるやかな流れとなる。

 満々と水をたたえた大河となって、森の多い、かなり平坦な平野の中を驚くべきほど曲折して流れる。

        高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より

咲花駅

 道の駅「阿賀の里」で、かき氷を食べながら「この付近に日帰り温泉はないか?」と尋ねると、二箇所教えてくれました。

 ぼちぼち野宿場所も探す時間なので、「馬下駅」へ行ってみましたが、あんまりパッとしないので、「咲花駅」へ行ってみると新しい駅舎で、よっしゃあぁ~野宿はここだな。

 野宿場所を決めたので、教えてもらった「馬下保養センター」で風呂に入り「咲花駅」に戻りました。阿賀野川「馬下橋」より。イザベラ・バードの道

 駅付近のホテルも閑古鳥が鳴いてるようで乗降客もほとんどいなく、ヒマだから適当な時に寝袋被って寝ました。

 翌朝1番列車の前に起き、荷物を片付け終わってた時、子供3人とお母さんが一人来て、待合室でラジオ体操し始めました。

 良かったなぁ・・寝坊していたら、小汚いジジイが寝てると騒がれるところだった。

 体操の始まる前の「明るい朝がきたぁ~・・」という歌を皆が唄っていたが、一人だけ調子ハズレが居るなぁ・・と思ったらお母さんだった。(^O^)道の駅「阿賀の里」。イザベラ・バードの道

 予定では、このまま阿賀野川沿いに新潟まで行くつもりでしたが、この先は都会の中へ入って行くので、川の風景もビル建てに変わって面白くないと思い、ここで家へ帰る事にしました。

 「三条市」付近で荷物を見ると、銀マットの中に入れておいた、寝袋と汗臭い着替えの入った袋を、どこかで落としていた。

 あちゃあぁ~・・今から「咲花駅」まで探しながら戻るのもキツイなぁ・・と思ったので、そのまま帰りました。

 たぶん落ちてたのを拾った人が、その中身を見たら、何じゃこの汚いモンは・・と思った事でしょう。
 すんません・・それσ(*_*)のです・・・。
       咲花駅。イザベラ・バードの道          咲花駅待合室。イザベラ・バードの道

        イザベラ・バードの道、前へ  イザベラ・バードの道、目次へ     
                イザベラ・バードの道

    車中泊用品へ    イザベラ・バードの道関連書籍   遍照の響きホームヘ
関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 

ライン

無