HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 50 榎 峠

  イザベラ・バードの道    「沼」集落付近、榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道     遍照の響き
                                    旅行日  2015. 6. 9
      イザベラ・バードの道(関東・東北)地図      掲載日  2016. 3.16


ライン

十三峠・榎峠

榎峠

 二井、鷹巣、榎という大きな峠を、つまづきながら登り、すべりながら降りることで、大半の時間が過ぎた。榎峠入口/十三峠、イザベラ・バードの道
 これらの峠はすべて森林に覆われた山々の中にあった。

          高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 イザベラちゃん同様に、雨の中をトボトボと歩き、国道脇から上がる十三峠の一つである「榎峠入口」に着きました。

 ちなみに「十三峠」と言うのは、ホントに十三の峠が有るらしく、そのうちの一つの峠(大久保峠)だけは通れないらしい。

 入口を上がってみると、それなりの広さのある道でしたが、途中、谷川の水で道が削られた箇所もあります。

 榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道  榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道  榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道

無名戦士の墓

 榎峠の頂上らしい所に、榎峠の説明看板が有りましたが、雨が降ってるので、サラッと読み、そこからは下り坂。

 イザベラちゃんが、滑りながら降りた所です・・たぶん。

 先に歩いてた越後屋が、杉林の所でボオッ~・・と立っているので、どおした?と思ったら、林の中に「無名戦士の墓」の看板がありました。

 戊辰戦争の時は、この榎峠で政府軍と米沢藩との攻防戦が有ったようで、実際この「無名戦士の墓」には、二名が葬られているらしいです。「新潟の歴史散歩7」参照

 「無名戦士の墓」が造られたのは明治元年なので、それより10年過ぎた時に、イザベラちゃんが榎峠を通っているので、この墓を見たと思います。

  榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道   「無名戦士の墓」榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道   榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道

「沼」集落へ

 途中、道が崩れてる箇所が有り、さらに行くと谷水で道が削られている所もありましたが、何とか無事にクリヤ。榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道

 が・・二度目の道が削られている箇所は規模が大きく、道が不明・・・・ゲッ!!・・。

 たぶんこの付近でないかなぁ・・と削られた荒れ地を少し行くと道がありましたが、この箇所はロープでも張って道筋を示した方が良いかもしれない。

 もっとも付近に休耕田らしいのが見えてたので、不安感は無かったが・・。

 榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道   榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道   榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道

 雨で煙る「沼」集落が見えた時はホッとしたが、その頃から雨の勢いが強くなり、イザベラちゃんの峠越えと同じ状態。

 雨の中を、越後片貝駅まで2kmの道程をトボトボと歩きました。

 イザベラちゃんは「沼」集落で泊まったようですが、行程的にはホンマに丁度良い距離の場所だと思う。

 「沼」集落が見えてきた、榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道  「沼」集落、榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道  越後片貝駅、榎峠/十三峠、イザベラ・バードの道
          イザベラ・バードの道前へ  イザベラ・バードの道目次へ  
                 イザベラ・バードの道
  車中泊用品   イザベラ・バードの道関連書籍   遍照の響きホームヘ
関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 
ライン

無