HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 51 「沼」

     イザベラ・バードの道  「沼」集落、イザベラ・バードの道  遍照の響き
                                    旅行日  2015. 6.10
      イザベラ・バードの道(関東・東北)地図      掲載日  2016. 3.18


ライン

「沼」集落

 小国駅から汽車に乗り始めた頃から少し雨が降っており、越後片貝駅に着いた時は山が煙っており、雨が降りそうなので少し待つことにした。

 もう良いだろおと出発したら、すぐに大降りになり「きゃあぁぁ~・・」と言いながら、あわてて駅に逃げ戻りました。

 待合室で少し待ち、霧雨になったので雨合羽を着て出発。

 沼川沿いを歩いてると、学校へ行くクールバスが追い越して行き、中の子供達が、こんな所を何を歩いてんだという顔して見ていきます。

 昨日、雨の中を泣きながら出てきた「榎峠」出口前を通り、「沼」集落へ入りました。

越後片貝駅、イザベラ・バードの道  沼川沿い、イザベラ・バードの道  榎峠出口、イザベラ・バードの道

「沼」

 私はその夜とぼとぼと沼という部落に入ると、彼らの最低の生活状態を見た。「沼」集落、イザベラ・バードの道
 その村の坂道になっている街路を、増水した川の水が流れていた。

 人々は、流れが家の中に入らぬように堰き止めていた。
 私は雨に濡れ、疲れていた。

 あるみじめな宿屋に行くと、そこの女は私を見て言った。
 「すみませんが、とても汚くて、こんなりっぱなお客さんをお泊めすることはできません。」
 彼女の言うとおりだった。「沼」集落、イザベラ・バードの道

 この部落には馬は一頭もいないので、翌朝になって、5マイルも離れている農家に人をやり、交渉の結果ようやく馬を手に入れた。

 沼の部落を歩き回り・・・24軒の家に307人も住んでいたのである。
 女主人の話では、沼の人々は今まで外国人を見たことがないという。

 それで、雨はまだひどく降っていたが、朝早く村人たちが集まってきた。
 彼らは私がしゃべるのを聞きたがっていた。
 そこで私は人々のいる眼の前で伊藤に指示を与えた。

      高桑健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より「沼」集落、イザベラ・バードの道

 「沼」集落は思ったより人家が少なく、イザベラちゃんが泊まった宿は、どこかわからん。

 イザベラちゃんが「沼」集落に着いた時、川が増水して道に溢れていたのは、集落のすぐ横を流れている「沼川」が氾濫していたのでしょう。

 「沼」集落外れの橋付近より、たぶん旧道と思われる道が見えます。

 旧道と思われる道は、舗装道路になっており、遠くから見た時以上に勾配があり、墓前を過ぎて少し行くと、その先は草が茂って完全に廃道状態・・・あちゃあぁ・・・・!!。

 「沼」集落、旧道、イザベラ・バードの道 「沼」集落の展望、イザベラ・バードの道 「沼」集落、旧道行き止まり、イザベラ・バードの道

 旧道を通るのを断念して車道まで戻って歩いてると、たぶんこれが先程通る事を断念した旧道の出口と思われる箇所が有りました。

 この状態ならば、何とか通っれたかもしれない。
 なんせ旧道の先が、どんなのになってるのか、わからんかったからなぁ・・・。

 大里峠へ、イザベラ・バードの道  旧道出口、イザベラ・バードの道  「わかぶな高原スキー場」、イザベラ・バードの道

大里峠

 「わかぶな高原スキー場」分かれ道の所で、一休み。

 雨上がりで地面が濡れており、また所々に動物のウンコが落ちてるので、それを避けて場所を探すのに一苦労した。

 再び歩き始めると、猿が電柱におり、もう一匹も木の中へ急いで逃げて行った。大里峠へ休憩、イザベラ・バードの道

 Y字路に木杭の道標があり、字が読みにくく「大峠 入り口」と書いてあるように思える。

 これから行く峠は「大峠」なので違う峠だと思い、左の道を行くと「関係者以外 立入禁止」の看板が有り、道にロープが張ってあります。

 今までの経験上、車が通るのはアカンが、歩くのは良かった事が有ったので、この道もそのタグイじゃろうと思い、ロープをまたいで入りました。

 しばらく歩いて高度を上げると、下のほうにスキー場施設の建物が見えます。

 地図を確認しながら現在地を考えると、どうも違う道へ来たような気がする。大里峠の分かれ道、イザベラ・バードの道

 この「現在地の確認」を頻繁にするというのが、初めての地へ来た時には、もんのすごく重要なんですねぇ。

 ここで、ハタッ・・と思い当たったのが、先程の標識杭は「大峠」ではなく「大峠」だったのでは・・と思い引き返しました。

 標識杭の所へ戻ると、やっぱり二匹の猿が居て、あわてて逃げていきます。

 標識杭をじっくり見ると、やはり「大里峠」と書いてありました。

 先入観が有って、下に4つの点々が有ると思ったのですが無かったのね。
 トシ取ると、こおいう先入観が出て来て、ガンコジジイと言われるようになっちまうんでしょう。

  わかぶな高原スキー場への道、イザベラ・バードの道   わかぶな高原スキー場、イザベラ・バードの道   

                 
                    イザベラ・バードの道
          
関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 



無