HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 52 大里峠

  イザベラ・バードの道     大里峠、イザベラ・バードの道    遍照の響き
                                    旅行日  2015. 6.10
      イザベラ・バードの道(関東・東北)地図      掲載日  2016. 3.23


イザベラ・バードの道、ライン

大里峠

猿の軍団

 大里峠の杭標識が有った所より少し行くと、越後屋が待っており「猿が集団でいた。一緒に行こう」と言う。大里峠へ、イザベラ・バードの道

 こいつは、σ(*_*)よりも、猿の方がオトロシイらしい。

 まぁ・・確かに猿の集団に囲まれたら、オトロシイですわなぁ。
 幸い逃げてくれたから良かったが、立ち止まって集団で威嚇されたら、そりゃあぁ・・・オトロシイですから・・。

 σ(*_*)は近眼と乱視で、よぉ~見えなかったが、そこらの草むらとか林の中に、あちこちに集団でいるらしかった。

 先程休んだ所などの道端に、獣のウンコが一杯落ちてたのは、どうも猿のウンコらしい。大里峠へ、イザベラ・バードの道

 ちなみに、この十三峠の一つである「大里峠」は、「おおさと」と読むのかと思ってたが「おおり」と読むそうです。

 杉林の中を舗装道路の林道で、なかなかウッソウとしているが、手入れをしているためか明るく続いており、静寂な感じがして、なかなか良い。

ここら辺は杉林なので、猿もエサが無いためか気配は感じられなかった。

 途中に祠が二つ有ったが、何を奉ってあるのか、わからん。

畑銅山跡

 大里峠へ、イザベラ・バードの道  畑銅山跡、大里峠へ、イザベラ・バードの道 大里峠へ、イザベラ・バードの道

 道端に木に覆われたコンクリの塊のような物があり、「畑銅山」跡の説明看板がありました。
 この看板が無かったら、セメント会社の廃墟物かと思ったかもしれない。

 「関川村 観光資源」によると、1801年(イザベラちゃんが通る約80年ほど前)には、ここに「畑」村があり3軒の家で16人が住んでおり、明治7年に畑銅鉱が発見され活況を帯びたが、昭和20年に廃坑となったようです。駐車場広場、大里峠へ、イザベラ・バードの道

 イザベラちゃんは、畑銅山が発見されてから4年後に、ここを通っているのですが記述は無く、その頃には銅山関係で住んでいる人達も多かった事でしょう。

 やっと駐車場の広場に着き一休み。

 広場からは、そのまま林道が山へ向かって続いており、「大里峠入口」の看板も立っているので、林道を行くのかな・・と思ったが、看板脇にも細い道があり、その奥にも看板が見えます。

 見に行くと「大里峠 →」の看板で、細い道の方が大里峠へ行く道で、確認しなかったら林道の方へ行っちまうところだった。大里峠へ、イザベラ・バードの道

 これは看板の設置位置が悪いような気がする。

 森林が立ちふさいでいる峡谷によって深い割れ目がつくられていた。
      高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 山道は所々で谷に沿っており、途中では谷に一度下りて、再び上がる所にはロープが設置されており、それに掴まりながら上がる箇所がありました。

 そりゃあぁ・・イザベラちゃんも、馬から転がり落ちるような事もあったでしょうよ。

 大里峠へ、イザベラ・バードの道  谷川を渡る、大里峠へ、イザベラ・バードの道  谷川を渡る、大里峠へ、イザベラ・バードの道 

柄目木

 「柄目木」の看板が有る所で、昔は茶屋があったと書いてあります。柄目木、大里峠へ、イザベラ・バードの道

 ふうぅ~ん・・と思いながら読み、ふと足下を見ると杉枯葉の中にメダルが落ちてるのを見つけました。

 だれじゃ・・こんな所にゲーム用のメダルを落としちゃってぇ・・と思いながら拾ってみると、ゲッ!!・・100円玉じゃねぇか・・・

 あわてて、まだ付近に落ちてないかと、そこらを探したがこの1枚だけでした。

 交番も無いしぃ・・・オマワリさんも通らないしぃ・・・他にだれも見ている人が居ないしぃ・・
 まぁ、いいや・・と思って「ポッケ・ナイナイ」しときました。

大里峠の大蛇伝説

 少し行くと開けた所に出て大里峠頂上に着き、「大里大明神」の小屋前で一休みし、この頃から空が少し晴れて来ました。大里峠へ、イザベラ・バードの道

 「大里大明神」の戸は開かないので、ガラス戸越しに中を拝見すると、地蔵さんらしいのが数体と奉納札が掛かっていました。

 大里峠の伝説看板があり、一口でいうならば「大蛇の味噌漬けを食べた女が、大蛇に変身しちまった・・」というような話しであり、関川村HP「大里峠」に詳しい伝説が掲載されてました。

 で・・大蛇に変身した女の人の名前が「おりの」と言うらしく、そこから「大里(おおり)峠」と言う名前になったのではないかな?。

 関川村ではこの大蛇伝説に基づいて、ギネスブックにも認定された「大したもん蛇まつり」を開催しており、動画を見ると、ホンマに大蛇が動いてるように見えます。

      大里峠、イザベラ・バードの道      大里大明神、イザベラ・バードの道 
          イザベラ・バードの道前へ    イザベラ・バードの道目次へ   
                  イザベラ・バードの道
   車中泊用品    イザベラ・バードの道関連書籍   遍照の響きホームヘ

関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 
イザベラ・バードの道ライン

無