HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 53 玉川

 イザベラ・バードの道  玉川、イザベラ・バードの道  遍照の響き 
                                    旅行日  2015. 6.10
      イザベラ・バードの道(関東・東北)地図      掲載日  2016. 3.26

イザベラ・バードの道ライン

 玉川

大里峠下り

 十三峠の一つである大里峠からは、ほぼ送電線に沿っており下って行きます。

 チッコイ谷川を渡ったり・・杉林を通ったり・・・

 大里峠、イザベラ・バードの道 大里峠、イザベラ・バードの道 大里峠/十三峠、イザベラ・バードの道
 大里峠/十三峠、イザベラ・バードの道   大里峠/十三峠、イザベラ・バードの道   大里峠/十三峠、イザベラ・バードの道
 大里峠/十三峠、イザベラ・バードの道      大里峠/十三峠、イザベラ・バードの道     大里峠/十三峠、イザベラ・バードの道

玉川

 山道から舗装道路の林道に出て、しばらく行くと「凶霊供養塔」が有り、「凶霊」を奉るのも珍しいなあ・・と思って後で調べると、江戸時代に約70年を隔てて同月同日に雪崩があり、その慰霊塔らしい。凶霊供養塔、大里峠/玉川、イザベラ・バードの道

 一時間にちょうど1マイルしか進めなかった。
 時折雪をいただいた会津の連峰の一つが姿を遠く見せて、緑の海の単調さを破っていた。

 ついに私達は玉川というまことに頼りないところに着いた。

          高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


  大里峠/玉川、イザベラ・バードの道 大里峠/玉川、イザベラ・バードの道 玉川、イザベラ・バードの道

 実は大里峠から下りる時に、イザベラちゃんが書いてる「雪を抱いた会津連峰」というのが見えないかと思って、十分に気を付けており、付近の山は見えましたが会津連峰は見えませんでした。

 まぁ・・当時と違って木も生長してるだろおしいぃ・・と思いながら川に沿って「玉川」集落に入った橋の所で、まさにイザベラちゃんが書いた「雪を抱いた会津連峰」の一部が見えました。玉川/会津連峰、イザベラ・バードの道

 おおぉぉぉっっっ!!・・・100年以上も前に見たイザベラ・バードが書いた情景を、今も同じように見られたのだと思うと感激しました・・・さすがに恥ずかしいから、涙は流さんかったが・・・。

 今まで通って来た十三峠では、会津方面を見ても残雪が有る山は無く、ここが初めての場所です。

 時期的にはσ(*_*)よりも1ケ月ほど遅れた、7月にイザベラちゃんが「玉川」へ来てるようです。

 店の自販機で飲み物を買って日陰を探したが無く、しかたなく小屋シャッター前のわずかな日陰の下で、持ってきた昼食用のオデンを食べました(一番上の写真)。

 目の前で蛾が一匹、ヨタヨタと動いており・・・おいおい、そっちの方へ行くと車に轢かれるぞ・・。蛾/玉川、イザベラ・バードの道

 優しいσ(*_*)は蛾を捕まえて、場所を移し変えてやりましたが、あの蛾はいつまで生きるかなぁ。

 店のジサマが話し掛けて来て、これから萱野峠へ向かうと言うと、「今年は、まだ石畳の作業を、未だやっていない。」と言います。

 聞いてみると、地元や大学生達がボランティアで、山道に埋もれている石畳を掘り起こしているらしい。

             イザベラ・バードの道前へ   イザベラ・バードの道目次へ   
                     イザベラ・バードの道    
  車中泊用品    イザベラ・バードの道関連書籍     遍照の響きホームヘ
関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 
イザベラ・バードの道ライン

無