HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 56 小 国

 イザベラ・バードの道    小国、イザベラ・バードの道    遍照の響き
                                  旅行日  2015. 6.10
    イザベラ・バードの道(関東・東北)地図      掲載日  2016. 4. 7

イザベラ・バードの道ライン

小国

健康の森よこね

 「健康の森よこね」の敷地に入ると、付近で一人のアンチャンが何かしており、挨拶して聞いてみると「送電線路の点検をしており「足野水」までやる予定だったが、今日は朴ノ木峠までにする。」健康の森よこね、イザベラ・バードの道

 「朴ノ木峠頂上付近で、送電線路と道がゴッチャになってわからなかった。」
 「送電線路の下を、道が出入りしているから、わかりにくいだろなぁ。」
あっ・・やっぱしねぇ・・。

 この先の道を聞くと「小屋の手前に旧道が有り、重機が入ってるので、わかりやすい道だ。」と教えてくれました。
  健康の森よこね、イザベラ・バードの道    イザベラ・バードの道    小国へ、イザベラ・バードの道
  旧道付近の小屋、イザベラ・バードの道   旧道入口、イザベラ・バードの道   イザベラ・バードの道

 「健康の森よこね」を抜け出て、車道をテクテク歩いてると、赤茶色に錆びた屋根の小屋が見え、アンチャンが教えてくれた小屋かな?

 その付近に、横へ入る道が在りますが十三峠等の標識は無く、試しにその道へ入ってみると、確かにアンチャンが言ってたように、重機が駆け回って削ったような広い道が在りました。イザベラ・バードの道

 初めて十三峠を歩いて来た人には、この旧道入口はわからんじゃろなぁ。

 そいでもって重機で道を削って開発されてるのを見たら、これは旧道ではなく新しい道だと思って不安になり通らなかったかもしれない。

 アンチャンに聞いておいて良かったぁ・・聞かなかったら、そのまま真っ直ぐ行き遠回りして「小国」に着いたと思う。

 イザベラ・バードの道   イザベラ・バードの道   イザベラ・バードの道

小国

 この町は水田にかこまれたところで、私は降りしきる雨の中で、荷物を運ぶもう一頭の牛が手に入るまで、数人の人夫たちと焚き火にあたりながら雨宿りできたのは嬉しかった。

  高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」よ


 「小国」への下り口は、人家の間から出るような感じで、ここにも十三峠等の標識が出て無く、初めて「小国」から「朴ノ木峠」へ向かう人はわからんと思う。小国の出口、イザベラ・バードの道

 そのまま「小国駅」へ行き、駅舎には熊の剥製と「ワラビーマン」が置いてあります。

 翌朝、羽前沼沢駅に車を置いて「小国駅」まで汽車で来ました。

 汽車には男女の外人さんが乗っており、女性はもんのすごい美人で、映画スターやモデルだと言われても十分に通じるキレイな人だった。

 そのあまりの美しさに、口を空けてボォッ~ッと見惚れかかったが、あんまりジロジロ見ると失礼になると思い、そこは遠慮してチラッ・・チラッとしか見なかった。小国、イザベラ・バードの道

 イザベラちゃんは、それ以上の「あからさま」な興味津々の目で見られていたのでしょう。

 男の外人と英語で、けっこう大きい声で話してますが、なんせ語学力が無いもんだから、何の話しをしてるのかわからん。

 小国駅で一緒に下りましたが、失礼ながらこんな小さい町に何の用だったのだろう?。
 記念に写真を一枚撮らせてほしかったなぁ。

      小国、イザベラ・バードの道        小国駅、イザベラ・バードの道

       イザベラ・バードの道前へ  イザベラ・バードの道目次へ  
               イザベラ・バードの道
 車中泊用品     イザベラ・バードの道関連書籍     遍照の響きホームヘ
関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 

イザベラ・バードの道ライン

無