HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 57 黒 沢

   イザベラ・バードの道  黒沢、イザベラ・バードの道  遍照の響き
                                  旅行日  2015. 6.11
    イザベラ・バードの道(関東・東北)地図      掲載日  2016. 4. 9

イザベラ・バードの道ライン

黒沢

高鼻峠

 私たちはなおも水田の間を通り続け、山の中にふたたび入り、黒沢に出た。
            高梨健吉「イザベラ・バート 日本奥地紀行」より


 高鼻峠へ向かって、イザベラ・バードの道   小国、イザベラ・バードの道   高鼻峠付近、イザベラ・バードの道

 十三峠の一つである高鼻峠は、「峠というほどでもない坂道」とネットに書いてあり、歩いてみるとその通りで、どこが峠なの?・・という感じでした。イザベラ・バードの道

 なもんで、峠の頂上がわからず、たぶん「健康の森よこね」のキャンプ場へ行く分かれ道付近が高鼻峠だと思う。

 まだ先に、峠らしい場所が有るかと思って写真を撮らなかったら、そのまま平坦な杉林を行ってしまいました。

 途中で、向こうからバイクに乗ったバアサンが、人も居ないのに警笛を鳴らしながら来ます。

 たぶん警笛を鳴らしていれば、熊が聞いて逃げてくれるのを期待しているのか、もうトシなもんだから、車や人が居たら相手が避けてくれると思って鳴らしているのかもしれない。
杉沢、イザベラ・バードの道
 「杉沢」集落付近から「種沢」集落にかけては、イザベラちゃんが書いてるように水田が広がっています。

 「杉沢」集落の道端に石碑?か、何かわからんようなの物に花が備えてあり、字でも書いてあるのかと見たが、何の彫り物も無かった。

 代わりに側の杉に石がぶら下げてあり、何かカワイソーな云われの有るマジナイでしょうか?
 だれか知ってたら教えてね。

 イザベラ・バードの道   種沢、イザベラ・バードの道   イザベラ・バードの道

貝淵峠

 「種沢」集落を過ぎた付近より、イザベラちゃんが書いてる「山の中にふたたび入り・・」の箇所が貝淵峠だと思う。

 短い距離の峠らしいが通れるらしく、その峠入口を探しながら歩くと、車道から少し離れた草藪に「庚申塔」の小さい石碑を見つけ、その付近が昔の旧道だったのでしょう。草むらの庚申塔、イザベラ・バードの道

 その付近からさらに注意深く、峠の入口を探したがわからず、川沿いの所まで来てしまったが、わからん。

 そのまま川沿いを歩き、川から少し離れた所で、やっと「貝淵峠」と書いた木杭を見つけましたが、草が生い茂っており、とても歩ける状態ではなく、こりゃあぁ~・・こんな状態ならば、わからんのも仕方がない。

 写真は、来た方向を振り返って撮ったものですが、写真正面の山付近に貝淵峠が有ったのでしょう。

 そこから少し行くと「黒沢」集落が見えました。

  横川沿い、イザベラ・バードの道   貝淵峠、イザベラ・バードの道   黒沢、イザベラ・バードの道

黒沢 黒沢、イザベラ・バードの道

 私はそこに泊まろうと思っていた。

 しかし宿屋はなく、しかも多日々とを停める農家は、不健康な池の端にあり・・私はぐったり疲れきっていたが、なおも旅を続けざるをえなかった。

 しかし暗さは増してきて、しかも駅舎はなかった。

 そこで私は、石の上に腰を下ろし、この地方の人々について1時間ばかり考えていた。黒沢、イザベラ・バードの道

 一人の女が泥酔してよろよろ歩いていた。

 それでも、うす汚い着物の女は、休息料としてふつう置くことになっている二銭か三銭をどうしても受け取ろうとしなかった。

 私が水だけで、お茶を飲まなかったから、と言うのである。
 しかし、無理に金を取らせると、女はそれを伊藤に返した。黒沢、イザベラ・バードの道

 この罪ほろぼし的な行為を見て、私はだいぶ心の休まる思いをして出発することができた。

        高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 「黒沢」集落へ入る橋を通り、T字路付近に有る倉庫の日陰で一休みしました(一番上の写真)。黒沢峠へ向かった、イザベラ・バードの道

 イザベラちゃんも、夕暮れ時にこの付近の石に腰を下ろしながら、心細い思いで集落を見ていたのでしょうなぁ。

 イザベラちゃんが座っていた石が特定できれば、「イザベラ・バードが座った石」として有名になっただろうに・・・人によっては、石にお賽銭を置いて拝んだかもしれん。

               イザベラ・バードの道前へ イザベラ・バードの道目次へ   
                      イザベラ・バードの道
  車中泊用品   イザベラ・バード関連書籍   遍照の響きホームヘ
関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 
イザベラ・バードの道ライン

無