HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 61 白子沢

    イザベラ・バードの道  白子沢、イザベラ・バードの道 遍照の響き
                               旅行日  2015. 6.11
 イザベラ・バードの道(関東・東北)地図     掲載日  2016. 4.25
イザベラ・バードの道ライン

羽前沼沢駅へ

白子沢

 白子沢という山の中の村で馬を手に入れ、さらに多くの峠を越えて・・・
           高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より
白子沢へ、イザベラ・バードの道

「白子沢」集落入口付近に、チッコイ「白子神社」が有り、イザベラちゃんもこの神社を見上げたと思う(一番上の写真)。

 「白小沢」は思ったより人家が有り、今まで通った集落では大きい方に思えるので、イザベラちゃんも馬を手に入れやすかったのでしょう。

 暑い中を歩いたので冷たい物が欲しく、自販機が有るかと思ったが無かった。
 これだけの集落だから、有ると思ったのだが・・

  「白子沢」集落、イザベラ・バードの道  「白子沢」集落、イザベラ・バードの道  「白子沢」の民家、イザベラ・バードの道

才ノ頭峠

 県道をテクテク歩き、地図上から見ると、旧道らしい道が「十三峠」の一つ「才ノ頭峠」だろおなぁ・・と思って行くと、そんなに勾配もなく、頂上付近に人家が一軒だけあり、すぐに県道と合流しました。

 事前調査でも、そんなに勾配が無く、峠というほどでも無いと書いてあり、歩いてみたが確かに峠とは思えない普通の勾配でした。

 十三峠、才ノ峠、イザベラ・バードの道  十三峠、才ノ峠、イザベラ・バードの道  十三峠、才ノ峠、イザベラ・バードの道

沼沢の清水白沼小中学校、イザベラ・バードの道

 県道歩いてると、付近の風景とは不似合いな近代的建物が有り、何かの研究所かと思ったら「白沼小中学校」でした。

 人気が無く、既に廃校になっているようで、校舎の壁に「いのち輝く 白沼っ子!!」の額が掛かっているのが道から見えました。


 「沼沢」へ、イザベラ・バードの道   桜川に沿って、沼沢、イザベラ・バードの道   「沼沢」集落、イザベラ・バードの道

 沼沢集落へ桜川に沿って旧道を行くと、道端に清水が出ています。

 側にコップも置いてあるので、それで飲もうとしたら中に毛虫が一匹張り付いており、水を入れてコップをゆすいで取ろうとしましたが、毛虫もシブトク張り付いて取れなかった。沼沢の清水、イザベラ・バードの道

 キレイなコップだったのですが、毛虫とクチヅケする勇気が無く、結局手ですくって飲みました。

 水は冷たくて、生き返ったような気がします。

 イザベラちゃんも、きっとこの清水を飲んだと思う・・・・毛虫が居たかはわからんが・・

羽前沼沢駅、イザベラ・バードの道羽越沼沢駅

 次の宇津峠とは逆方向ですが、今朝、出発した羽前沼沢駅へ向かって国道をテクテク・・

 なんせ、この近くの駅はそこしか無く、宇津峠を越えて「手ノ子駅」へ行くには遠すぎます。

 羽越沼沢駅待合室には、中学生が描いた水彩画が飾ってありました。

 明るい色を使って透明感が有り、構図も良く、遠近感も出ており上手な絵だと思う。

 羽前沼沢駅・待合室、イザベラ・バードの道   羽前沼沢駅・待合室の絵、イザベラ・バードの道   羽前沼沢駅前、イザベラ・バードの道

       イザベラ・バードの道前へ  イザベラ・バードの道目次へ  イザベラ・バードの道次へ
               イザベラ・バードの道

  車中泊用品  イザベラ・バード関連書籍  遍照の響きホームヘ 
関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 
イザベラ・バードの道ライン

無