HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 66 諏訪峠


      イザベラ・バードの道  諏訪峠、十三峠、チョイノリ、イザベラ・バードの道  遍照の響き
 イザベラ・バードの道(関東・東北)地図
旅行日  2015.7. 4
掲載日  2016. 5.14


諏訪峠 手ノ子、イザベラ・バードの道

手ノ子


 このページからは月日を変えて、ミニバイク「チョイノリ」に乗って家から往復6日かけて青森まで行って来ました。

 「手ノ子」集落を通り、「白川」に架かる「手ノ子橋」を通りましたが、昔の橋の位置は、どの辺だったのだろうか?

 「手ノ子」集落、イザベラ・バードの道     白川、手ノ子橋より、イザベラ・バードの道

松原「荻」付近、イザベラ・バードの道

 松原という農村の長い街路を歩いてると、一人の男が私の前に走り出てきて話しかけたので、びっくりした。

 伊藤が出てきて、大声でどなりながらこの男をおさえ、この男が私をアイヌ人とまちがえたとわかった。

       高梨健吉「イザベラバード 日本奥地紀行」より


 松原・八幡神社、イザベラ・バードの道  松原、イザベラ・バードの道  松原、イザベラ・バードの道
 「松原」集落へ来てみると失礼ながら、こんなイナカに・・と思うほど広い道路が一本、真っ直ぐに通ってました。

 新しく出来た道かと思ったが、昔からの道のようで、イザベラちゃんが「農村の長い街路を歩いてると・・」と記載しているような表現がピッタリです。道の駅「いいで」、イザベラ・バードの道
 どの付近から男が出てきて、話しかけて来たのか、わからんが・・・

 「松原」を過ぎて「諏訪峠」へ向かう途中にある「道の駅 いいで」に寄りました。

 昨夜、この「道の駅」で野宿し、近くの「手ノ子」から「イザベラ・バードの道」を旅行し始めたのです。

 最初の野宿日は、どおしても慣れないので寝付けず、朝方4時頃まで目が冴えてた。
   「芦ケ沢」付近、イザベラ・バードの道      「芦ケ沢」付近、イザベラ・バードの道

諏訪峠諏訪峠、イザベラ・バードの道

 単なる坂道のような所が「十三峠」の最後である「諏訪峠」で、頂き付近の県道沿いには青い幟が立ち並んで「諏訪峠」と書いてあり、上り口の標識も見えます。

 諏訪峠の古道は少しだけ残っており歩けるらしいので、「チョイノリ」で上り口まで行き(一番上の写真)、バイクは、こおいう点が楽ですねぇ。

 歩いて見ると、おぉぉ・・さすが古道と思われる車幅程度の林が続きます。

 グイッと曲がった付近から道が細くなり「頂上まであと230m」の看板が有ります。諏訪峠、入口と幟、イザベラ・バードの道

 歩いてると道に新しい切り株が有るので「あれっ?」と思い、 古道ならば道の真ん中に新しい切り株は無く、この道は新しく切り開いて造ったように思う。

 おかげで切り株に足を取られ、ツッカケを履いてたもんだから足指が痛い。

 道の終点は切り開かれた展望台のようになっていますが、残念ながら霞が掛かっており、あまり展望が良く無かった。

 来た道へ戻りながら、イザベラちゃんも、あの展望台から米沢平野を見たのだろうかと思ったが、先程クイッと曲がった所まで来てみると、今までの経験上、どうもクイッと曲がらずに真っ直ぐ方向の草が生えている所が古道のような気がする。諏訪峠、古道、イザベラ・バードの道

 惜しいなぁ・・歩ける所まで古道を復活させれば良いのにぃ。

 展望台を作る気持ちもわかるが、それならそうと「展望台へ行く道は昔の古道では無い」と書いてある方が親切に思う。

 でないと、展望台からイサベラチャンが米沢平野を眺めたのだと思ってた、σ(*_*)のように誤解しちまう人間も出て来まっせぇ。

 諏訪峠、古道、イザベラ・バードの道  諏訪峠展望台へ、イザベラ・バードの道  諏訪峠展望台、イザベラ・バードの道
     諏訪峠展望台より米沢平野、イザベラ・バードの道
イザベラ・バードの道、前へ イザベラ・バードの道目次へ  
        イザベラ・バードの道
   車中泊用品  イザベラ・バードの道関連書籍   遍照の響きホームヘ

関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 


無