HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 67 桃源郷


       イザベラ・バードの道  桃源郷、イザベラ・バードの道 遍照の響き
 イザベラ・バードの道(関東・東北)地図 
掲載日  2016. 5.17

旅行日  2015.7. 4


桃源郷

小松上小松、イザベラ・バードの道

 私が小松に入ると、私を見た最初の男が急いで戻り、町の最初の家の中に向かって「はやく!外人が来るぞ」という意味の言葉を叫んだ。

 それで、私が宿屋に着くころまでには、大きな群衆が押しかけてきた。

 私が小松を出発するとき、家の中には60人もおり、外には1500人もいた。
 塀や縁側、屋根さえも満員であった。

 私が馬に乗ると、群衆がついてきた。

 進むにつれて群衆は増し、下駄の音や群衆の声に驚いた馬は、ついに頭につけた綱を切った。
 馬は前足で乱暴に打ちまくるので、群衆は右へ左へと散った。小松、イザベラ・バードの道

 馬が警察署の前を走りすぎようとしたとき、4人の警官が出てきて馬をつかまえた。

 ふり返ると、伊藤の馬は後足で立っており、伊藤は地面に落ちていた。

  高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 小松駅へは幅広の県道が有りましたが、あえて「上小松」から旧道を通って駅へ行きました

 イザベラちゃんが泊まった宿の場所を知らなかったので、小松駅で若い駅員が掃除していたので、イザベラ・バードの事を聞くとパンフレットをくれ、また忙しそうに掃除したのでそれ以上は聞けませんでした。

 パンフレットの地図を見ると、通って来た道が「イザベラ・バードが歩いた道」と書いてあり、おぉぉ・・良かったなぁ。

 しかしイザベラちゃんが泊まった宿の場所は、記載してありません。羽前小松駅、イザベラ・バードの道

 掃除が終わった駅員さんに、イザベラちゃんの宿の事を聞いても知らないらしく、この地域の人はイザベラ・バードにあまり関心が無いのじゃろうか?

 σ(*_*)だったら、泊まった宿と、馬を取り押さえた警察署の位置くらいは、パンフレット地図に記載するのだけどなぁ・・関係者の人、見ていたら一考してね。

 後で調べるとイザベラちゃんが泊まった宿は、旧道の途中に有る、今はガソリンスタンドになってる場所らしかったが、その時は知らなかったので写真はありません。

井上ひさし井上ひろし、羽前小松駅、イザベラ・バードの道

 駅待合室の一角に「井上ひさしミニミュージアム」があり、ここは「井上ひさし」の出身地だったのですねぇ、知らなかった。

高梨健吉

 これも知らなかったのですが、引用している「イザベラ・バード 日本奥地紀行」を訳した高梨健吉も、この小松出身だというのが調べているうちにわかりました。

 気のせいかもしれんが、川西町小松は「井上ひさし」に関しては力を入れてるが、「イザベラ・バード」に関しては、それほど力を入れてないような気がして惜しいと思う。

アルカディア

 米沢平野は、南に繁栄する米沢の町があり、北には湯治客の多い温泉場の赤湯があり、まったくエデンの園である。

 「鋤で耕したというより鉛筆で描いたように」美しい。アルカディアの塔、イザベラ・バードの道
 実り豊かに微笑する大地であり、アジアのアルカデヤ(桃源郷)である。

 私たちが通過したり傍を通った村々は、吉田、素島、黒川、高山、高滝であったが、さらにこの平野には50以上も村落の姿が見えて、ゆるやかに傾斜する褐色の農家の屋根が林の間からのぞいていた。

 私たちは馬に乗って4フィート幅の道路を4時間ほど、これら美しい村々を通って進んだ。

       高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 「小松」の町から「洲島」まで、どのような道筋で行ったのか、地図をニラメッコして知恵熱が出るほど考えたが、わからんかった。「黒川」付近、イザベラ・バードの道

 地図には「吉田」「黒川」等の地名が記載されているが旧道がわからず、たぶん、現在の県道を離れている集落の道だろおと思って通りました。

 小松駅を出発して少し行くと途中に、ネットで見たベルの付いた「アルカディアの塔」が有りました。

 この「アルカディアの塔」の存在は知ってましたが、設置場所がわからず、まぁいいや・・と思ってたのですが偶然に見つけれました。

 イザベラちゃんがこの付近を「鉛筆で描いたような桃源郷・・」と表現しておりますが、σ(*_*)から見れば普通の農村風景です。

 きっと深い山の峠をいくつも越えて来たので、久々の広い田園風景を見てホッとしたのかもしれず、道幅も昔は4フィート=約1.2mだったのでしょう。

 「吉田」イザベラ・バードの道  桃源郷、イザベラ・バードの道  桃源郷、イザベラ・バードの道

洲島

 「洲島」に最上川の渡し船に使用されたと言われる「舟繋石」というのが有るのを、下調べしていた時にわかりましたが、これまた知恵熱が出るほど調べたが、どおしても場所がわからん。洲島、八幡神社、イザベラ・バードの道

 現地へ行って人に聞けばわかるだろおと思い、「洲島」集落入口の八幡神社へ行ってみました。

 ちょうど若い神主さんが居たので、「舟繋石」の事を聞くと知っており、良かったなぁ。!(^^)!

 ただし・・場所の説明が難しいので、できれば車屋の近くでだれかに聞いた方が良いと言われました。

舟繋石洲島、イザベラ・バードの道

 教えられた道を行き、車屋の看板が有る所で道がT字路になってます。

 その突き当たりの所に細い農道があり、こおいう場合はその道へ行けば良い事が多いので、行ってみると広い畑地でY字に道が分かれており、川なんて無いでぇ・・・。

 やっぱり付近で聞き直さないとアカンのかと思って引き返し、車屋の手前でジサマと子供が川で遊んでいたので「舟繋石」を聞くと、車屋看板を左の道へ行くのだと教えてくれました。

 先程はチラッとその道を見たのですが、民家が有って行き止まりだと思い、まさかその先に道が続いてるとは思わなかった。

 洲島、イザベラ・バードの道 洲島、舟繋石へ、イザベラ・バードの道 洲島、舟繋石、イザベラ・バードの道

 道なりに少し行くと、ジサマの言う通り、小屋の傍の道端に石が有り、これは聞かないと場所がわからんと思う。

 で・・肝心の「舟繋石」は、穴がくり抜いてあり、この穴に舟を繋いだよおです。

 付近は広い畑になっており、昔はこの付近まで川の流れが有ったのだとは思えず、何も知らない人が、この石を見ると古代文明の遺跡だと思うじゃろなぁ。

 洲島、舟繋石、イザベラ・バードの道 洲島の民家、イザベラ・バードの道 最上川、イザベラ・バードの道
 イザベラ・バードの道、前へ   イザベラ・バードの道、目次へ   
      イザベラ・バードの道
  車中泊用品  イザベラ・バードの道関連書籍  遍照の響きホームヘ

関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 

無