HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 68 赤 湯


  イザベラ・バードの道  赤湯、ハイジアパーク南陽資料、イザベラ・バードの道  遍照の響き
 イザベラ・バードの道(関東・東北)地図
掲載日  2016. 5.20

旅行日  2015.7. 4


イザベラ・バード記念コーナー

夏刈

 夏目橋を渡り、最上川対岸の土手を走り回って、渡し船の上陸地を探したがわからん。

 地図から判断すると、「洲島」の対岸「夏刈」集落付近に上陸したように思えるが・・。六面幢、夏刈、伊達家の墓 | イザベラ・バードの道

 ここも知恵熱が出るほど地名と地図をニラメッコして、どの道を通ったのか判断に迷った所です。

 土手から「夏刈」集落へ下りようとしたら、いかにも伝説が有りそうな石塔が立っており、こおいう物は船着き場付近に良く有るもんだ・・と思って、喜んで行ってみると伊達家の墓でした。

 へえぇぇ・・こんな所に伊達家の墓が有ったとは知らなかった。
 それにしても天下に名の轟いた大名なのに質素な墓ですねぇ。

 土手から見えた一番大きい石塔は「六面幢」というらしく、何か書いてあるかと思ってみたが、風化のためか何も見えなかった。

 すると驚いたことには、渡し船で川を越すと、津久茂で、地図では副道となっている道路に出たが、この道路は実際には25フィート(約7.5m)の幅があり、よく手入れがしてあり、両側に掘が掘られており、道に沿って電柱が並んでいた。六面幢。伊達家墓所、夏刈、イザベラ・バードの道

 またたく間に新しい世界に出てきたのである。

 道路は何マイルにもわたって、りっぱな身なりの歩行者、人力車、駄馬、あるいは荷車で混雑していた。

 それと同時に、上には電線が走り、下には日よけの笠と扇子しか身につけぬ男がいる姿は、同じく奇妙な組み合わせに感ぜられた。

         高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 「夏刈」から国道13号線までの道幅は、車1台が通れる位だったので、電柱が立っていた幅広の立派な道は、たぶん現在の国道13号線だと思い車の通交が多かった。
 「夏刈」集落、イザベラ・バードの道 「津久茂」付近、イザベラ・バードの道 国道13号線、イザベラ・バードの道

赤湯

 赤湯という硫黄泉の温泉町で、私は眠りたいと思ったのだが、これほどうるさい所は今まであまりなかった。明治時代の「赤湯」写真、イザベラ・バードの道

 四つの道路が合する最も賑やかなところに浴場があって、大きな水音を立てて男女の人々があふれていた。

    高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 国道13号線から「赤湯」へ向かって旧道らしい、真っ直ぐの道を行くと、途中に古風な大きな門構えの家が有り「結城豊太郎記念館」と書いてあります。結城豊太郎記念館、赤湯、イザベラ・バードの道

 そんな人・・知らんなぁ・・と説明文を読むと日本銀行総裁だったらしく、「無料」でしたが時間が惜しいので入りませんでした。

 昼頃なので「赤湯」の図書館へ入り、昨日から持っていた餅が悪くなるので、昼食代わりに食べようと思ったが、館内は飲食禁止だったので外で食べた。

 暑い日だったので、館内で涼みたかったのだがなぁ・・

 南陽市、図書館、イザベラ・バードの道 赤湯温泉観光センター、イザベラ・バードの道 「赤湯」温泉街、イザベラ・バードの道

ハイジアパーク南陽/イザベラ・バード記念コーナー

 南陽市に「ハイジアパーク南陽」というのが有り、下調べの時はこの付近で野宿する時は、日帰り入浴の候補地だな・・と思っていたのです。ハイジアパーク南陽、イザベラ・バードの道

 が・・調べていると、ここにイザベラ・バードの資料が展示されてる事がわかりました。

 小高い所に有る「ハイジアパーク南陽」へ行き、受付で「イザベラ・バードの資料を見たいのですが・・」と言うと、あっさり「どうぞ、中へ入ってご覧ください」と言います。

 「あの・・見学料は、おいくらですか?」と聞くとタダだった。

 わたしゃまた、風呂へ入る人だけが資料を見学できるのかと思っており、資料をどうしても見たかったので料金を払う覚悟はしていたので・・良かったなぁ。朝鮮の通交許可書、イザベラ・バードの道

 しかも・・あぁたぁ・・写真撮影も「OK」という太っ腹。!(^^)!

 拝見すると、イザベラちゃんが朝鮮を旅行した時の「通交許可書」が有り、全て漢字で書いてあります。

 当時、朝鮮にはハングル文字は有ったのですが、一般庶民は勉強する気も無いので知らなく、一部の高級官僚だけが漢文を読めたらしい。

 この「通交許可書」を見ながら、またウットオシイ隣国が「日帝が奪った物だ、謝罪と補償を・・」と言って、イチャモン付けたり、対馬の仏像のように盗まれたりしないかと心配しちまった。
イザベラ・バードの直筆手紙
 イザベラちゃんが、妹に宛てた手紙の現物も展示してあり、やっぱり外人さんの書いた筆記体は、よぉ~読めまへんなぁ。

 イザベラちゃんが描いたスケッチも多数展示されており、上手ですねぇ。

 ペン画なのでしょうか、写真のように陰影を付けて描いてあり、当時の様子や茶店などの様子が良くわかります。

 明治初期の風景等は、浮世絵程度でしか知らなかったのですが、イザベラちゃんの絵を見ると当時の風景等が良くわかります。

 当時の旅行鞄や服(一番上の写真)も飾ってありましたが、これは実際に旅行に使用したものではないよおです。

   イザベラ・バードの絵、新潟にて   イザベラ・バードの絵、人力車
   イザベラ・バードの絵、茶屋の女         イザベラ・バードの絵、屋台店 
   イザベラ・バードの絵、路傍の茶店      イザベラ・バードの絵、秋田の農家
             イザベラ・バードの絵、荷車
 イザベラ・バードの道、前へ   イザベラ・バードの道、目次へ   
     イザベラ・バードの道
    車中泊用品  イザベラ・バード関連書籍  遍照の響きホームヘ

関 連 ペ ー ジ (観 音 霊 場)
          御蔵入霊場    会津霊場    越後霊場   津軽霊場
当 H P   そ の 他 主 な ペ ー ジ
   四国遍路記   西国霊場記   熊野古道   塩の道   遍路・野宿・車泊用具
  洋山流尺八   尺八曲 音源     虚無僧寺訪問       木造校舎・廃校シリーズ 

無