HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 83 八郎潟


  イザベラ・バードの道   八郎潟、イザベラ・バードの道  遍照の響き
 イザベラ・バードの道(関東・東北)地図 
掲載日  2016.7.26
旅行日  2015.7. 7


八郎潟

八郎潟の風景


 イザベラ・バードの道 八郎潟駅、イザベラ・バードの道 夜又袋、イザベラ・バードの道

 港から鹿渡までの間の左手に、非常に大きな潟がある。八郎潟、イザベラ・バードの道
 八郎潟は、狭い水路で海と連絡し、真山と本山と呼ばれる二つの高い丘に守られている。

 現在、二人のオランダ人技師が雇われていて、潟の能力について報告する仕事に従事している。

  高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 八郎潟駅までの道沿いは、あんまり変わったものが無く、人家だらけ。
 100年前とは、雰囲気が違うわなぁ。八郎潟、イザベラ・バードの道

 八郎潟駅で一休みして、今晩の野宿予定地にしている道の駅「ことおか」には、時間的にも何もなさそうなので、駅前の食堂に入って夕食にし、スーパーの場所を聞いて食糧の買い出しをしておいた。

 イザベラちゃんが左手に見えていた八郎潟は、今は広々とした水田になっており、当時は緑の場所が全て水面だったのでしょう。

 朝早く、暗い小雨はものすごい大雨となり、16時間も続いた。
   高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」よりイザベラ・バードの道

 σ(*_*)の場合は天気が良く、男鹿半島の山々が良く見えたのですが、イザベラちゃんは、翌日この付近を通った時は、もんのすごい雨で、たぶん泣きながらトボトボ歩いたのでしょう・・カワイソーに・・

三倉鼻公園

 夕暮れの羽州街道を走ってると「三倉鼻公園」の案内図があり、どうせこれからは道の駅「ことおか」で野宿するだけだったので、話の種に東屋が有る場所まで上がってみました。

 結論から先に言えば、あんまり大した事は無かったが、それでも八郎潟の広々とし風景が望めます。

 羽州街道、イザベラ・バードの道  三倉鼻公園より八郎潟を望む、イザベラ・バードの道  三倉鼻公園より八郎潟を望む、イザベラ・バードの道

道の駅「ことおか」

 道の駅「ことおか」、イザベラ・バードの道 道の駅「ことおか」休息所、イザベラ・バードの道 縄文土器の笛、道の駅「ことおか」、イザベラ・バードの道

 道の駅「ことおか」へ行くと、やっぱし店は全て閉まっており、どの辺で野宿しようかと場所を探しました。

 念のために離れている施設へ行ってみると休息所になっており、外壁に何かわからん物が貼り付けてあります。道の駅「ことおか」自転車旅行、イザベラ・バードの道

 「縄文時代の土笛」と説明書きがしてあり、へえぇぇ・・どおやって吹くのだろおか?

 休息所のベンチで先客二人が寝ていたので、テーブルに地図を広げて旅行記の原稿下書きを書いてると、一人が起きて話しかけてきました。

 アンチャンかと思ってましたが、顔を見るとσ(*_*)と同年代で、東京から北海道一周の自転車旅行をしている人でした。

 ホントは旅行の話などをしたかったのですが、もう一人のが寝ているので、ヤカマシイだろおと思って、あんまり話をしませんでした。

 4時半頃、人が起きる音がしたので自分も起きると、自転車の人しか居なく、朝の挨拶するとリンゴの一片をくれたので、お返しにバナナ2本あげた。道の駅「ことおか」自転車旅行、イザベラ・バードの道

 自転車に油差してたので聞いてみると、油を1日つけないとペダルが重い感じがするらしく、「チョイノリ」の事を詳しく知ってました。

 へえぇぇ・・自転車の人がバイクの事を知ってるなんて珍しいなぁ・・と思ったら、元はバイクの設計技師をしていたそおです。

 年齢を聞くと同じ年で、自転車装備を見て「野宿するのに銀マット持たないのか?」と聞くと

 「自分は登山をするのでエアマットを持っおり、毎年ヒマラヤへ行き、日本の山はほとんど登った。道の駅「ことおか」チョイノリ、イザベラ・バードの道
 妻からは「いいかげんにしろ」と言われている。」
と笑いながら言います。

 「単独旅行するダンナ達は、どこでも奥さん方を説得するのに苦労しますなぁ。(^O^)
 以前に津軽半島で会った人は、奥さんに土下座して1ヶ月間だけの旅行を頼みこんだそおです。」
とお互いに笑いました。

 聞いてみると「道の駅」によっては、テント張りを禁止されている所も有るそおで、以前に野宿した所でテントを張らずに寝袋だけならば良いのかと聞くと、それなら良いと言われたらしい。

 へえぇぇ・・そおいう所も有るのだ。八郎潟、イザベラ・バードの道

 σ(*_*)が途中で追い越したら警笛鳴らして合図してくれと言って先に出発しましたが、σ(*_*)は旧道を走るので道筋が違ったためか、再び会う事はありませんでした。

 一期一会ですなぁ、御同輩・・
 カカアに仕方なく、イヤイヤ頭を下げて頼み込んだ旅行中に、また再びどこかでお会いしましょう。

 しかし、何でこんな事でカカアに気を遣わにゃアカンのじゃろ・・世の中間違っとる!!
 きっとこの世の中は、気弱で優しい性格のダンナ方達ばっかりなのでしょう。

 その点、イザベラちゃんは良いなぁ・・自分で思うような旅行が出来て・・・

 イザベラ・バードの道、前へ イザベラ・バードの道、目次へ    
      イザベラ・バードの道
  車中泊用品  イザベラ・バードの道関連書籍  遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲     虚無僧寺訪問    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無