HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 88 小 繋


  イザベラ・バードの道  長坂一里塚、イザベラ・バードの道   遍照の響き
 イザベラ・バードの道(関東・東北)地図
掲載日  2016.8.13
旅行日  2015.7. 7


小繋から早口川へ

小繋船着場小繋、イザベラ・バードの道

 夕闇が迫ると霧雨も晴れて、絵のように美しい姿をした地方が見えてきた。
 向こう岸の船着場に着いた。

 そこは暗い森の中の深くて骨の折れる泥水で、私達はそこのひどい道を手さぐりで進み、やっと宿屋に来た。

 深い霧が出てきて、雨はまたも大降りとなった。

 この日の旅行で唯一の収穫は、一本のすばらしい百合であった。
 それを宿の主人にあげたら、朝になると神棚の貴重な古薩摩焼の小さい花瓶の中で咲いていた。「小繋」の時計、イザベラ・バードの道

      高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 「小繋」集落に入る時、道端に石の道標と思ったら中に時計が埋め込んであり、ほほおぉぉ・・えらい珍しい物を作ったなぁ。

 「小繋青年団」の銘板が入っており、調べてみると大正14年・昭和天皇御成婚記念に作ったらしい。

 「小繋の船着場」跡は標識が有ったのですんなりと行け、案内杭には船着場の古絵図が貼ってありました(写真には草の一部が写っており、すんまへん)。

         小繋船着場・古絵図、イザベラ・バードの道


 イザベラちゃんが書いてるように、船着場から「小繋」集落までは1kmほど離れており、今はタンボ道になっていますが、当時は木が茂った暗い森の中を歩いたのでしょう。

      小繋船着場跡、イザベラ・バードの道     小繋船着場付近より「小繋」集落、イザベラ・バードの道

山の神

 早く出発したが、道路は悪く、ぐすぐす遅れるので、ほとんど進まなかった。
 道はほとんど通行不可能で、私の馬は5回も倒れた。山の神・鳥居、イザベラ・バードの道

 このような田舎では、駕籠も乗物も手に入らなかった。
 駄馬だけが唯一の交通機関であった。

 それから低い山々、多くの雑木林、広々とした水田、そして烈しい洪水があった。

       高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 道を走ってると、山際に「山の神」の鳥居が草に埋もれて有りました。

 先程の「二ツ井町歴史資料館」の説明書には、「山の神」の鳥居は一本の木だけで作り、その作る方法・作法・方向も厳しく代々伝わっているらしい。

 資料館でその説明書きを見なかったら、フウゥ~・・ン・・鳥居が有るなぁ・・程度で終わり、そおいう云われも知らなかったと思う。

     「今泉」付近、イザベラ・バードの道       「坊沢」、イザベラ・バードの道

綴子

 次の駅の津栗子(「綴子」)で、駅亭があまり汚かったので、私は雨の中を街路に腰を下ろしていなければならなかった。「綴子橋」イザベラ・バードの道

 これから一里先までしか行けないという。
 橋はみな流され、渡し場も通行できないからであった。

       高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 綴子の道の駅「たかのす」で一休み。

 併設されている太鼓会館へ行ったら、入口で先客が「350円と言われている。」と仲間に話してるのを聞いて、どうしても見たい物でも無かったので回れ右をした。

    「綴子」イザベラ・バードの道     道の駅「たかのす」、イザベラ・バードの道

早口川

 「長坂」へ、イザベラ・バードの道 「長坂」、イザベラ・バードの道 「長坂」付近、イザベラ・バードの道
イザベラ・バードの道
 しかし私は馬を雇って、英国人の頑固さと馬子の好意により、私は馬だけ単独に荷物をつけずに小さい平底船に乗せて、

増水した早口川、岩瀬川、持田川を渡らせ、ついに古馴染の米代川の三つの支流を歩いて渡ることができた。

     高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より
早口川、イザベラ・バードの道

 国道から分かれて「長坂」へ向かって旧道を行くと、「長坂一里塚」が有りました。(一番上の写真)

 イザベラちゃんが、どおしても・・と頑固に言い張り、増水した川を渡った「早口川」を調べてみると、昔は橋が無かったよおです。

 これにちなんで「早口川の徒渡り」という行事が毎年有って、時代衣装を着て地元の小学生も参加しているらしいです。

 早口駅、イザベラ・バードの道  イザベラ・バードの道 岩瀬川、イザベラ・バードの道

 私は川口という美しい場所にある古い村に滞在したらどうか、と言われたが、「下川口」、イザベラ・バードの道

ここはあらゆるものが湿っていて黴臭く緑色であり、緑色と黒色の溝から出る悪臭はあたりに満ちて、そばを通るときでさえも耐えられないほどであった。

 そこで大舘まで馬で行かねばならなかった。

      高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


       イザベラ・バードの道       長木川、イザベラ・バードの道

 イザベラ・バードの道、前へ イザベラ・バードの道、目次へ  イザベラ・バードの道次へ
       イザベラ・バードの道

  車中泊用品  イザベラ・バードの道関連書籍  遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲     虚無僧寺訪問    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無