HOME > イザベラ・バードの道「目次」 > 89 白 沢


  イザベラ・バードの道   白沢、イザベラ・バードの道  遍照の響き
 イザベラ・バードの道(関東・東北)地図
掲載日  2016.8.17
旅行日  2015.7. 7


大館から白沢まで大館駅、イザベラ・バードの道

大館駅

 大館は大雨で足止めされた旅客で満員であった。
 私は疲れきった足をひきずって、宿を次から次へと探した。

 雨は以前として烈しく降り続けている。
 これから北へ向かう道筋の道路や橋の災害のウワサが、刻々と伝わってくる。秋田犬の像、イザベラ・バードの道

      高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 大館駅までスムーズに来れ、ホッとして一休み。

 駅舎で地図の整理をしてから、観光案内所でヒマそうにしているネーチャンに「矢立峠付近に日帰り温泉が有るか」と聞くと、道の駅の横に有り、ついでに矢立峠のコース図をもらった。「釈迦内」付近、イザベラ・バードの道

 大館駅前には犬の銅像が有り「忠犬ハチ公」像かと思ったら、そお言えばここは秋田犬の発祥地だったのかもしれない。

 今朝早く、雨雲が去って、明るい青空が払ったようにきれいに現れた。 
 今日の旅は、川がもっと減水するまでは遠くへ行けないので、たった7マイルである。羽州街道、イザベラ・バードの道

 太陽は燦々と輝き、山に囲まれた谷間を照らした。

 狭い川は緑と赤の小石の上に光る水を投げかけ、円錐形の山々の間の暗闇をきらきら明るくしている。

 私達は5つの浅瀬を渡ったが、きびしいものであった。下内川の橋、イザベラ・バードの道
 あらゆるものが破壊されていた。

 今まで一つだけだった水流が、いくつかになっていた。
 相当の距離の間、道路らしいものはなくなっており、10マイルも橋一つなかった。

 土地の大部分は山腹から流されてきた丸太や、根こそぎになった樹木、小石で一面におおわれていた。下内川、イザベラ・バードの道

     高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 イザベラちゃんが「狭い川は小石の上に光る水を投げかけ・・」と書いてある川は「下内川」の事だと思ってました。

 橋の上から川を眺めると、流木等が挟まっており、そんなにキレイな川とも思えなく普通の川です。

 見ようによっては、小石の上に水は光っているが・・どちらかと言うと小石というよりも砂利石だなぁ。「長面」、イザベラ・バードの道

小川の流れ

 「長面」集落を行くと、道筋に沿う家の前に流れる小川にキレイな水が流れており、透き通った水の底には小石と共に、今では珍しい水草も生えています。

 その情景を見て、イザベラちゃんは、この小川の流れを見て「狭い川は緑と赤の小石の上に光る水を投げかけ・・」と書いたのかもしれない。

 次の「長面袋」集落にも同じように小川が流れており、ますますその思いを強くしました。

 「長面」の小川、イザベラ・バードの道   イザベラ・バードの道   「長面袋」、イザベラ・バードの道

 ところで・・・これを書いてる時に羽州街道を調べてみると、「長面」方面の道は羽州街道筋でなく、下内川に架かる橋手前のカーブをまっすぐ行くのが羽州街道だったよおです。

 なんせ、この「イザベラ・バードの道」をたどってみようとしてからは時間が無く、地図作成を大急ぎでやり、下調べもあんまり細かく詰める事ができませんでした。

 ここの箇所も川とか浅瀬を渡った記述が多いので、地図をニラメッコして「長面」集落を通って「白沢」へ向かったのだろおと推測したのです。

 なもんで、「小川の流れ」の想像は違ってるかもしれません・・すみません。
 しかし、それはそれとしてキレイな小川の情景でした。

人形道祖神

 「長面袋」の人形道祖神 イザベラ・バードの道 粕田の人形様、イザベラ・バードの道

 「長面袋」集落外れの道端に、藁人形が飾ってあります。
 おぉぉ・・さすが東北!!・・何か怪しいモンが飾ってあるでぇ。

 「粕田」集落の入口にも「粕田人形様」と書いた説明看板が有り、ネットで調べてみると「人形道祖神」と言って、秋田県独特の物らしい。イザベラ・バードの道

 集落入口付近に飾って、悪いヤツとか、電波の押し売り「犬エッチケイ」が来ないように手を広げて「通せんぼ」しており、いずれも掌・指が大きいのが特徴らしいです。

 確認すると、しっかりと指が5本作ってありました。

 「白沢」へ行く途中に、タイヤで作った「道祖神様」も有り、これはさすがに指までは無かった。

 羽州街道を通れなかったが、道を間違えたために、こおいう珍しい物も見れたのだと思う。

     「中羽立」人形道祖神、イザベラ・バードの道        タイヤの道祖神様、イザベラ・バードの道

白沢「白沢」イザベラ・バードの道

 ひどい雨の中をここに到着し、これから先は道路が通行止めとなっていることを知ったが、宿の主人と伊藤との間で口論が長く続くので当惑した。

 彼は、今まで外国人がこの白沢に宿泊したことはない、と言った。
 大雨のため2日もここに足止めされている。「白沢」イザベラ・バードの道

 晴れそうだったので、二頭の馬と三人の男を連れて正午に白沢を出発した。

 自然そのままの谷間で、多くの山の峯が側面から谷間に下りてきて、暗いピラミッド型の杉が茂り、実に絵のような眺めであった。

 これこそ日本の美観である。

        高梨健吉「イザベラ・バード 日本奥地紀行」より


 下内川、イザベラ・バードの道 イザベラ・バードの道 イザベラ・バードの道 

 イザベラ・バードの道、前へ イザベラ・バードの道、目次へ    
        イザベラ・バードの道
  車中泊用品  イザベラ・バードの道関連書籍  遍照の響きホームヘ

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
  会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
  津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲     虚無僧寺訪問    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無