HOME > 出雲三十三観音霊場「目次」 > 8 地蔵信仰


「出雲三十三観音霊場」紀行文  神門寺・境内、出雲33観音霊場記    遍照の響き

出雲三十三観音霊場「地図」

巡礼日 2017/4/28    掲載日2017/7/11


出雲路と地蔵信仰

出雲路

 6番「蓮台寺」からは、武部峠を越えて7番「光明寺」へ行くのが道筋でしょうが、出雲市内の札所を巡ってないので市内の4番「観音寺」へ向かいました。斐川町マンホール、出雲33観音霊場記

 この付近のマンホールは、「銅鐸」の模様がデザインしてあり、さすが出雲路。

 途中に「朝妻の里と須佐之男命」という説明看板があり、それによると八岐大蛇を退治した須佐之男命が、助けた稲田姫へ「妻問い」して朝帰りした里だそうな。

 どの付近に「妻問い」した家が有るのかわからんので、探しに行かなかったけれど・・・
出雲路・出雲33観音霊場記 出雲風土記登場地・出雲群 斐伊川・南神立橋、出雲33観音霊場記
 さらに自転車を漕いでると、道端に杭があり説明板もありました。

 今度は「出雲風土記登場地 出雲群」と書いてあり、この付近に八つの郷があり「八雲立つ」と言われて、群の役所が有った所らしい。

 今では見渡す限りタンボで、それらしい物は何も残っておらず、それにしても、さすが神話の国、思ってもいない所に伝説が有る所ですなぁ。
           
 広い斐伊川の「南神立橋」を渡り、ホンマはアカンのでしょうが、地図で下調べした「清流圏在宅支援センター」敷地内を突っ切って橋下の道に出ました・・すんません。
       出雲33観音霊場記      高瀬川沿い、出雲33観音霊場記
 川沿いの道に歩道が有り、車に脅かされる事なく自転車を漕ぐことができ、どこまで続いてるのかなぁ・・と思ってたら出雲市内中心部まで続いていました。

 知らなかったのですが、この川は高瀬川と言って観光目玉にしている所らしい。高瀬川沿い八岐大蛇像、出雲33観音霊場記

 どおりで川端に柳並木になっており、ずいぶん情緒が残ってる所だなぁと思ったんです。

 オマケに川沿いには、怪獣のモニュメントまで有り、ここはだれか漫画家でも出た所か?と思ったが、ハタッと気が付きました。

 これ・・八岐大蛇を模してるのですねぇ・・越後屋も最初は何かわからんかったらしい。

4番「観音寺」

観音寺・山門、出雲33観音霊場記 観音寺・本堂、出雲33観音霊場記 観音寺、出雲33観音霊場記
  出雲市役所裏の道を行くと、4番「観音寺」の正門に出ました。

 越後屋が「境内の不動明王の顔が面白い」と失礼な事を言うので見に行ったが、まぁ・・何というか・・憤怒の顔というより、フテクサレタ顔している・・という方が当たってるかなぁ・・す・すんません。

 地蔵堂の横には納札がゴッテリ貼ってあり、最初は観音の納札かと思ってたのですが、地蔵の納札でした。

 一番札所「長谷寺」の地蔵さんにも納札が一つ一つ貼ってありましたが、出雲地方では観音信仰より地蔵信仰の方が厚いのでしょうか?
       観音寺・不動明王、出雲33観音霊場記       観音寺・地蔵納札、出雲33観音霊場記

5番「神門寺」

神門寺、出雲33観音霊場記    神門寺・山門、出雲33観音霊場記   神門寺・仁王、出雲33観音霊場記
 5番「神門寺」は地図では位置確認できてましたが、そこへ行くまで細かい道を曲がったりしなければならず、果たして迷わずに行けるかと思ってましたが、何とか行けました。

 住宅街にコンモリとした樹木が有り、そおいう所はたいてい神社か寺です。神門寺・境内、出雲33観音霊場記

 ここの境内の地蔵さんにも一つ一つ丁寧に朝目札が貼ってありました。

 観音堂の片隅に竹杖が置いて有り、この札所は山登りする場所が有るのかと思ったが、そおでもなさそう。

 竹杖の握り部分に白い紙が巻いてあり、字が書いてあるので何かと見ると観音の納札です。

 四国遍路では最後の結願寺に杖を奉納する事も有るのですが、出雲33観音霊場では、竹杖を奉納する風習が有るのでしょうか・・どうも巡礼最後の寺でも無さそうだしぃ。

 ちなみに、この先々の札所でも竹杖の奉納が有り、こおいう風習は初めて見ました。
神門寺・地蔵、出雲33観音霊場記  神門寺・観音堂、出雲33観音霊場記   神門寺・竹杖、出雲33観音霊場記
出雲三十三観音霊場記・前へ  出雲三十三観音霊場記・目次へ   出雲33観音霊場記次へ 
  出雲三十三観音霊場・紀行文
       遍照の響き・HOMEへ


当ホームページの掲載一覧

八十八箇所  四国  小豆島  篠栗

三十三観音  西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津
  御蔵入(福島)  飛騨  越中  越後  信濃   遠江  津久井
  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道・街道  熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八   尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他   木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


 無  
 無 無