HOME > 出雲三十三観音霊場「目次」 > 10 光明寺


「出雲三十三観音霊場」紀行文   光明寺のツツジ、出雲33観音霊場記   遍照の響き

出雲三十三観音霊場「地図」

巡礼日 2017/4/28    掲載日2017/7/18


光明寺の朝鮮鐘と接待

 光明寺・山門、出雲33観音霊場記  山伏塚・光明寺、出雲33観音霊場記  山門裏の地蔵・光明寺、出雲33観音霊場記
 やっと「光明寺」の山門の見える所までたどり着き、境内説明看板を見ると、側に有る枯れた大木が「山伏塚」のよおで、何とか上人の墓だと言われてるらしい。

 山門裏には石仏が飾ってあり、やっばり納札がゴッテリ貼ってあり、山門を潜った先には長い階段が続き・・ゲッ・・・!!。
山門と階段・光明寺、出雲33観音霊場記 香炉・光明寺、出雲33観音霊場記 7番札所「光明寺」観音堂、出雲33観音霊場記
 桜の花びらの絨毯・光明寺、出雲33観音霊場記   朝鮮鐘・光明寺、出雲33観音霊場記   光明寺、出雲33観音霊場記
 階段を上がった境内には、桜の散った花びらが地面一面に広がっており、ピンクの絨毯のよおです。(写真では、わかりにくかもしれません)。渡り廊下・光明寺、出雲33観音霊場記

 鐘楼に「朝鮮鐘」の由来が書いて有り、ブツゾードロボーの国が、この鐘にも難癖付けて盗んで行き、ユスリ・タカリの材料にされなければ良いのだが・・・・

 側のチッコイ堂の中には、同じ「朝鮮鐘」が置いてあり、鐘楼に有るのがレプリカで、たぶんこっちの方が本物だろなぁ。

 観音堂に入れないと思ったが、横の扉が開いてたので入ると本尊さんは大きかったが、何となく新しいように見えるので、これもレブリカかな?。光明寺からの展望、出雲33観音霊場記

 この時には足腰が痛くて、ホンマは動き回りたくなかったのだが、越後屋がアチコチとウロついてたので、あいつだけ見て、自分が見ないのもオモロないので庫裡の方へ行きました。

 真っ赤なツツジが咲いており、遠くから見るとそこだけ赤く目立ちます。(一番上の写真)

 庫裡付近からは下界が望めて展望が良く、庫裏の縁側に茶・菓子を置いた接待処が有ります。庫裡・光明寺、出雲33観音霊場記

 大きい寺でもこのような接待処を作ってくれる寺は、ほとんど有りません。

 別に茶や菓子を食べたいという気持ちではなく、寺へ来る人への思いやりが現れているのでウレシク、このような接待処が有る寺を見るとホッと気がなごみます。

 ブリキ箱の蓋には「お菓子はこの中に ネコさんやイヌさんも欲しがりますので 済んだらフタをよろしく」と書いてあり、チョコを一粒もらいました。接待・光明寺、出雲33観音霊場記

 側に小さい四角の箱が置いてあり、中を見ると未開封の高級そうな京菓子です。

 一粒食べてみたかったが、封を開けると早い期間に全部食べてしまわないと、お菓子が湿気ると思い開けませんでした。

 住職は不在のよおでしたが、こおいう所でボエッ~と尺八を吹くのも良いだろなぁ。

 時間に余裕があれば吹いてたのですが、ぼちぼち夕方だったので帰りました。

出雲三十三観音霊場記・前へ  出雲三十三観音霊場記・目次へ  出雲33観音霊場記、次へ 遍照の響き・HOMEへ
  出雲三十三観音霊場・紀行文
         


当ホームページの掲載一覧

八十八箇所  四国  小豆島  篠栗

三十三観音  西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津
  御蔵入(福島)  飛騨  越中  越後  信濃   遠江  津久井
  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道・街道  熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八   尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他   木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


 無  
 無 無