HOME > 出雲三十三観音霊場「目次」 > 12 ライダーハウス


「出雲三十三観音霊場」紀行文   ライダーハウス「山里会館」、出雲33観音霊場記   遍照の響き

出雲三十三観音霊場「地図」

巡礼日 2017/4/29    掲載日2017/7/25


「ライダーハウス」と「砂の器・亀嵩駅」

ライダーハウス「山里会館」

計画では

 出雲33観音霊場を計画した時、失礼ながら山陰地方は交通の便が非常に悪く、車中泊の場所まで戻るのは時間が掛かり過ぎたり、その列車を逃すと昼頃まで無いという状況でした。ライダーハウス「山里会館」チラシ、出雲33観音霊場記

 そいで車中泊をヤンピして、泊る宿を探しましたが、中国山脈とまではいかないが、その山付近を巡るルート上に適した場所に宿が無いのです。

 どうしようかと、ずいぶん悩み、σ(*_*)だけならば「ツェルト」野宿しても良いのですが、越後屋が居るしなぁ・・・それに途中で食料を確保できるようなスーパー・コンビニ類の店もほとんどありません。

 地図ルートをニラミながらネットで探していると、雲南市付近「南大東」にライダーハウス「山里会館」が有るのを見つけ、素泊まり1500円・・おぉぉぉ、安い!!

 普通の宿なら素泊まりでも最低3000円は取るのだがなぁ。

 「ライダーハウス」で2泊し、もう一泊は「星上山」バガローで止まる事にしました。

ライダーハウス「山里会館」にて

ライダーハウス「山里会館」、出雲33観音霊場記 ライダーハウス「山里会館」、出雲33観音霊場記 ライダーハウス「山里会館」、出雲33観音霊場記
 雲南市木地町内のスーパーで食料を買い込み、ライダーハウスへ向かいました。

 ネットに書いてある通り「南大東」駅付近から、青い屋根がライダーハウスが見えます。

 ライダーハウスの管理人が居るかと思いましたが不在なので、電話をすると「勝手に入って好きな部屋に入ってくれ」と言われ、ずいぶん大雑把ですなぁ。

 それじゃ失礼しますと言いながら入ると、手前のヤードはバイク・自転車ならば30台ほどギッシリ入れそうな広さです。

 次の部屋は大きな炊事場で、これも勝手に使って良いそうなので、買って来た食料品を冷蔵庫に入れました。

 廊下から室内へ行くと、大部屋と小部屋があったので小部屋に入り、テレビ・ポット・ストーブも有ります。ライダーハウス「山里会館」・玄関、出雲33観音霊場記

 風呂に入りたかったので電話すると、ライダーハウスに隣接している本宅に入りに行くシステムのよおです。

 本宅へ行ってみると、ジサマとバサマの二人でライダーハウスをやってるよおです。

 バインダー綴りから宿泊名簿を取り出し、「駐在さんがたまに来て、怪しいモンが泊まらなかったかと確認するのだが、最近はプライバシー問題があるので、バインダー用紙にして一枚づつ渡して書いてもらっている」と言い、世情が現れてますねぇ。

 宿代と風呂代を払うと、キチンと納品書・受領書を手書きで書き、2日分をマトメれば良いのに一日分づつ書いてくれマジメですなぁ。

 風呂から上がって帰るときに、バサマから筍の煮物をもらいました。

 寝袋を持って来たのでフトンは借りず、座布団を枕代わりにして静かな夜でした。ライダーハウス「山里会館」・室内、出雲33観音霊場記

 翌日の天気予報は、昼頃に雨が降るかもしれないと出ていたおり、どおしょうかなぁ・・・山で雨に降られると逃げ場が有りません。

 足腰も痛いので、今日は巡礼を止め車で廃校巡りをして体を休める事にしました。

 結局、雨は降らなかったですが、道の状況を見ると坂がけっこう有り、明日からの自転車巡礼はキツサが予想されるので、コンジョなしなモンだから、以後の巡礼は車で巡る事にしました。

 「ライダーハウス」へ帰って風呂に入りに行くと、ジサマが「今日どこまで巡ったか」と聞いてきます。

 「昨日、自転車でやってみて足腰が痛く、今日は車で他の所へ行き、明日からも残りを車で巡る」と言うと「そおじゃろなぁ」と笑いながら言い、バサマからも「いい勉強しましたね」と言われた。

 部屋に有った自由ノートには全国各地から来た人達が一言書いてあります。

 σ(*_*)も「出雲33観音霊場を自転車で巡ろうとしたが、坂道が多そうなので挫折して車で巡る」と正直に汚い字で書きました・・泊まられる方は見て笑ってください。

 出発する時にジサマに納札を挟んだノートを渡すと「書いてくれたか」と喜び、納札もノートに貼っておくと言ってくれました。

 「ライダーハウス山里会館」は、同宿者が居たらプライベートが有りませんが、今回はσ(*_*)達だけだったので良かったですが、それを納得の上であるならば宿泊料も安くて自由が利き、お勧めの宿だと思います。

      南大東駅、出雲33観音霊場記     南大東駅、出雲33観音霊場記

砂の器・亀嵩駅

亀嵩駅

亀嵩駅、出雲33観音霊場記 亀嵩駅・切符売り場、出雲33観音霊場記 亀嵩駅・待合室、出雲33観音霊場記
 廃校巡りをしている時に「亀嵩」という所を通りました。

 おぉぉ・・そお言えば「砂の器」で一躍有名になった「亀嵩駅」が有ったはずじゃ・・とばかりに亀嵩駅へ行きました。

 待合室を通り抜けてホームへ出ました。

 「砂の器」の感動場面・・少年が泣きながら父親を追い、亀嵩駅のホームで抱き合うシーンは、何度見ても涙が出ますねぇ。
亀嵩駅・ホーム、出雲33観音霊場記 亀嵩駅・ホーム、出雲33観音霊場記 亀嵩駅・有名人のサイン、出雲33観音霊場記
 で・・少年が走って来たと思われる方向をパチリ・・蒸気機関車がトンネルから出て来る方向は・・付近を見てもトンネルが無いなぁ。亀嵩駅・スタンプ、出雲33観音霊場記

 それにしても「砂の器」で見た亀嵩駅ホームよりも幅が狭いような気がするが・・・気のせいならば良いんだけど・・

 これを書いてる時に調べてみると、実際にロケした駅は「出雲矢代駅」だそうで、亀嵩駅は舞台地ですがロケ地では無いよおです・・あらあぁ・・・せっかく感動シーンを想い出してセッセッと写真を撮ったのにぃ。

 σ(*_*)のように良く調べずに亀嵩駅へ来た人は、別の駅がロケ地だったと知ったら、たぶんガッカリするだろなぁ。

 ただこの付近にある「湯原神社」は、遍路父子が隠れていた場所のロケ地らしかったが、良く調べてなかったので行きませんでした。

和泉式部の墓

 亀嵩駅近くに「和泉式部の墓」という案内看板が有ったので、ついでに行ってみました。

 線路を跨いで通る道を少し行くと、説明看板と古風な墓があります。紫式部の墓へ、出雲33観音霊場記

 墓横の説明看板は「和泉式部の夫が九州へ行っちゃったので、浮気してないか心配して追いかけ、この地へ来た時に病気になり死んじゃいました。
 里人は憐れんで、側に娘の小式部内侍の碑を添えて奉った」

というような事が書いてあります(一部憶測で書いてます)。

 入口の掲示板には手書きの説明が書いてあり要約すると
 「平安時代の有名な歌人の墓が、山陰の山中になぜあるのか?、地元でも昔から大変不思議がられ、そのためいろんな説が語られているが、いずれも半信半疑である。

 そこに有る和泉式部の墓から聞こえる「私こそ・・」
 皆様も和泉式部の墓が、なぜあちこちに有るのか考え推理してください。」


 ふうむぅ・・なんでかなぁ・・・

 その隣にも紙が貼ってあり、「和泉式部と紫式部の墓の真実」と題して、何かの本をコピー拡大したよおです。紫式部の墓、出雲33観音霊場記

 「和泉式部の供養塔は全国に40数か所以上あるそうです。
 多くは主要街道沿いに位置しており「水の歩き巫女」の足跡とされている。

 この「歩き巫女」は「イズミシキブ」と呼ばれていたよおです。
 他にも続いて書いてあったが、だいぶ省略・・・」


 おぉぉ・・・説得力があり、この三つの説明看板は勉強になりますなぁ。

出雲三十三観音霊場記・前へ  出雲三十三観音霊場記・目次へ     遍照の響き・HOMEへ
  出雲三十三観音霊場・紀行文


当ホームページの掲載一覧

八十八箇所  四国  小豆島  篠栗

三十三観音  西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津
  御蔵入(福島)  飛騨  越中  越後  信濃   遠江  津久井
  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道・街道  熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八   尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他   木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


 無    
 無 無