HOME > 出雲三十三観音霊場「目次」 > 15 禅定寺


「出雲三十三観音霊場」紀行文   禅定寺・香楼灰、出雲33観音霊場記    遍照の響き

出雲三十三観音霊場「地図」
巡礼日 2017/4/30    掲載日2017/8/4


城のような石垣の「禅定寺」禅定寺・参道入口、出雲33観音霊場記

 峯寺から降りた付近に有る、木地市内の大きなスーパーで昼食用の食料を買い禅定寺へ出発。

 車を走らせながら、つくづく自転車でやらなくて良かったなぁ・・と思う、なだらかな坂道。

 禅定寺麓の「粟原」付近からは、予想していた通りの急坂・・ホンマに自転車でやらなくて良かった、自転車だったら死んでたかもしれん。

 四辻の所に禅定寺の看板が有り、さらに輪をかけた急坂の参道・・。
 禅定寺・参道、出雲33観音霊場記   禅定寺・参道、出雲33観音霊場記   禅定寺・仁王、出雲33観音霊場記
 禅定寺・城のような石垣、出雲33観音霊場記   禅定寺・石階段、出雲33観音霊場記   禅定寺、出雲33観音霊場記
 手前に駐車場のような広場が有ったので木陰に車を置き、せめて自転車で巡らないのだから参道だけでも歩かないとね。禅定寺、出雲33観音霊場記

 参道は車幅の広さでテクテク歩くと、やがて山門に着き、中には仁王さんもいます。

 参道をさらに歩くと高い石垣が面前に現れ、一見すると城のように見えます。

 こんな高い山の上に、この石垣を作った昔の人も苦労しただろなぁ。

 石垣に沿った長い階段の先に屋根が見えたので、そこが寺かと思ったら山門で、さらに階段が有り、この札所はよっぽど高い所が好きだったんでしょう。

 禅定寺・奉納額、出雲33観音霊場記   禅定寺・境内、出雲33観音霊場記   禅定寺・境内、出雲33観音霊場記
 香楼灰はキレイにしてあり、これを見るとその寺の姿勢がわかります。(一番上の写真)

 堂内に入れ参拝が終わり、だれも居ないのでそのまま回廊に腰かけて「三谷」を吹くと、失敗はしなかったが、練習してなかったので息があまり続かない。

 禅定寺からの展望は手前に木が茂っており、あまり景色は見えませんでしたが、それでもチラッと見える所からは出雲の山々が霞んで見えます。
 禅定寺より境内を見る、出雲33観音霊場記   禅定寺・回廊と尺八、出雲33観音霊場記   禅定寺からの展望、出雲33観音霊場記

 出雲三十三観音霊場記・前へ  出雲三十三観音霊場記・目次へ  出雲33観音霊場記、つぎへ  遍照の響き・HOMEへ
  出雲三十三観音霊場・紀行文


当ホームページの掲載一覧

八十八箇所  四国  小豆島  篠栗

三十三観音  西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津
  御蔵入(福島)  飛騨  越中  越後  信濃   遠江  津久井
  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道・街道  熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八   尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他   木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


 無    
 無