HOME > 出雲三十三観音霊場「目次」 > 16 円通寺


「出雲三十三観音霊場」紀行文    円通寺からの眺め、出雲33観音霊場記  遍照の響き

出雲三十三観音霊場「地図」

巡礼日 2017/4/30    掲載日2017/8/8


カーナビで行けなかった円通寺

カーナビ

 禅定寺より11番札所「円通寺」で行くのに、カーナビで円通寺のポイントを指し、車を運転しながら自転車だと泣いてたろおなぁ・・と思う坂道を行きました。

 かなり山中に入り、人家の有る「中多根」付近を通り過ぎると、カーナビからネーチャンの声で「まもなく目的地に到着です。カーナビを終了します。」と、こちらの都合も聞かずに勝手に終わりやがった。

 あっ・・こらっ・・まだ目的地に着いてねえぞぉ、最後まで誘導しろ・・こんな山の中で終了しちまって、どおするんじゃ・・と怒ってみたが、安物のカーナビのためか、どおしても案内表示しません。

札所と間違った「善福寺」

 まぁ・・カーナビが終わっても札所寺は、この付近だろおと思って、そのまま進むと寺が有りました。善福寺・入口、出雲33観音霊場記

 良かったなぁ・・一時はどおなるかと思ったでぇ。

 これが札所「円通寺」だろおと思って境内に入り参拝準備しようとしたら、越後屋が「寺が違うのではないか」と言い始めます。

 えっ・・こんな山の中に寺がいくつもあるはずがなく、ここだろおと思って寺名を確認すると「善福寺」と看板が掛かっており違っていた。

 国土地理院の地図を確認すると札所以外にも近くに寺の印が有り、「善福寺」と間違ったよおで、もう一つ山の上に有る道を行かなければアカンよおでした。善福寺、出雲33観音霊場記

 カーナビを信じきって来たので、どこで分かれ道を見逃したのだろか・・

 とりあえず腹が減るとイライラするので、少し戻って日陰で昼飯を食べました。

 もお一度札所「円通寺」をカーナビで指すとちゃんと出たので出発しましたが、何が気にいらんのか何も悪い事をしてないのに、やっぱり途中で案内を止めちゃいます。

 ここは国土地理院地図を頼りに行き、途中で車が来たので拝んで止まってもらい、「円通寺」の場所を聞いてやっと着きました。「中多根」付近、出雲33観音霊場記

 結果的には「大門トンネル」を目指して、その入口付近の道へ行けば、分かり易かったよおですが、カーナビで出雲33観音霊場を巡った人は苦労しただろなぁ。

 それともσ(*_*)のカーナビが安物だったためか・・

 国土地理院地図を持ってたから現在地がわかって良かったけれど、自転車で来てたら泣き崩れて、その場で死んでたかもしれん。

円通寺

円通寺からの眺め、出雲33観音霊場記 円通寺・入口階段、出雲33観音霊場記 円通寺、出雲33観音霊場記
円通寺・不動明王、出雲33観音霊場記 円通寺・不動明王の火焔の穴、出雲33観音霊場記   円通寺・境内、出雲33観音霊場記
 円通寺へ来て見ると、さすが高い山に有るため、はるか遠くに山々が見え、ホンマに自転車でやらなくて良かったと、つくづく思う。

 堂へ行く階段の途中に古びた不動明王がたってます。円通寺・境内、出雲33観音霊場記

 堂に上る時は気が付かなかったのですが、帰りに不動明王の後ろから見ると穴が空いており、おぉぉ・・穴と遠くの山々の取り合わせが、なかなか芸術的だなぁと感心した。

 これを設置した人は、そおいう効果を狙って火焔に穴を空けたとしたら、たいしたモンだと思う。

 観音堂は開かず外は風が有ったので十王堂のところで尺八を吹きました。

 静かな山中で見晴らしも良く、こおいう所でボケエッ~と尺八をいつまでも吹いてたら、いいだろなぁ。


円通寺、出雲33観音霊場記 円通寺・十王堂、出雲33観音霊場記 円通寺・境内、出雲33観音霊場記

 出雲三十三観音霊場記・前へ  出雲三十三観音霊場記・目次へ  出雲33観音霊場記、次へ  遍照の響き・HOMEへ
  出雲三十三観音霊場・紀行文


当ホームページの掲載一覧

八十八箇所  四国  小豆島  篠栗

三十三観音  西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津
  御蔵入(福島)  飛騨  越中  越後  信濃   遠江  津久井
  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道・街道  熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八   尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他   木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


 無    
 無 無