HOME熊野古道記>町石道> 1 出 立
              (真田庵・慈尊院・丹生官省符神社・勝利寺)

  熊野古道 町石道 地図(クリック) 
  この地図リンクは「和歌山県の観光情報」様から
  了承を頂いております

尺八を携え歩いた町石道

慈尊院


 信心もねぇのに、高野山へ行って来ました。


 別に信心に目覚めたわけでもなく、いつの日か熊野古道とか西国霊場を歩いてみようと調べていたら、高野山の町石道も良さそうだなぁと思っただけです。


 四国遍路した人は一度は行くらしいので、やっぱし人並みにする事は一度くらいはやっておかんと、話の種にもなるだろおし、行ってみるべぇか・・という気持真田庵ちでして・・・
すんまへん。


 九度山駅から「慈尊院」へ向かう途中に「真田庵」というのが有りましてのおぅ、石油スタンド横の細い道を行くと、すぐに有ります。


 関ヶ原の戦い寸前まで、ここで真田幸村が蟄居し再起を図っていたという庵というからには、それなりの大きい寺かと思ったら、それほどでもなく、入口に提灯建てがある門で、知らなかったら普通の民家と間違っちまうんでねえかと思うほど、平々凡々とした造りです。


 門の扉には有名な「六文銭」があり、門内部には紋の云われが書いた額がデェ〜ンと収まっており、かろうじて真田家と真田庵の関係が有るとわかります。


 また、門内には釣り鐘が有り、よっぽど叩いてみようかと思ったのですが、寺の人がいらん気遣いしたらアカンと思って叩きまへんでした。


 どおなんじゃろおなぁ・・・四国では、寺に入る時は鐘を打つんだけれど、他の国に来たら勝手に打ったら叱られるんでねぇかなぁ・・よぉわからんが・・


 拝観料取るんかと思ったけれど、境内を勝手に歩きましたが必要ありまへんでした。


 そこから慈尊院までテクテク歩くと、石垣に囲まれた慈尊院が有り桜が真っ盛り。
慈尊院 山門

 早朝で住職さんが境内を掃除してました。


 本堂で参拝していると、参拝客が3人来てσ(*_*)が終わるのを待っており、終わったらオバハンが茶髪の男女に指図して参拝の準備をし始めました。


 オバハンは信心深いよおで、茶髪は、その息子夫婦かな?
 そおいえば、ここは安産の寺らしく慈尊院 境内乳を形どった縫い物が置いてありましたから、茶髪の夫婦に出来ちゃったのかもしれまへんなぁ。


 境内に犬が繋いであり、近寄るとσ(*_*)の顔見て吠えました。
 

 この犬は初代と同じく「ゴン」と名付けられてるらしく、初代の犬は高野山まで人々を案内した功により石像まで作ってもらえたのに、二代目も吠えるばっかりじゃなくシッポくらい振って、少しは恥ずかしいなぁ〜と思って反省して見習え百八十町石


 納経所の裏へ回ってみると、大きな堂になっており室内へ入れるようでしたが、先程の3人連れが住職と話しており、何か深刻そうな相談しているようなので入りまへんでした。
 ほんまは、室内に入って響きを確かめたかったんだけどなぁ・・・


 境内から上へ向かう階段を上ると神社に行きますが、その階段の途中に町石道の始まりである「百八十町石」が有ります。
丹生官省符神社より慈尊院境内

 階段を上ると朱色の鳥居が有り、「丹生官省符神社」があります。


 神社の脇の道を通って降りるとすぐに町石が有り、あれっ、こんなに早く一歩いたかなぁ・・という感じで・・・

丹生官省符神社
 そして少し歩くとすぐに「勝利寺」が見えます。
 その日は遠くから見るだけでしたが、後日に勝利寺へ車で行きました。


 「勝利寺」は山門や堂が朱色に塗ってあり、また赤い幟も仰山建っているので新しい寺という感じがしましたが、云われを見ると古い寺のよおでんなぁ。勝利寺


 個人的には、朱なんか塗らずそのまんまの方が、古そうで情緒があると思うんだけどなぁ。


 その点、大師堂は、そのまんまで良かった。
 もっとも最初に見た時は、崩れかかった土蔵かと思っちまったけど・・・。

勝利寺 本堂と大師堂
 四国とちがい、高野山への遍路用地図が無いから、この寺もわからんのであんまり遍路は来ないかもしれまへんなぁ。


 町石道を歩いて、その日のうちに高野山まで行くのなら、この寺でノンビリもしておれんやろうけど・・・


 それに第一・・あぁたぁ〜・・
町石道から、この寺の急な階段を見たら「この次に来た時勝利寺 庭園にでもしょう」って思っちまいますわなぁ。


 本堂右手の方から柵越に見ると、寺の日本庭園が見えます。


 庭の建物軒下から、庭を眺めると借景として遠くの山々を取り込んでるようで、うまく作ってあるようでんなぁ。


 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具