HOME熊野古道記>町石道> 2 親指地蔵(雨引神社)
  熊野古道 町石道 地図(クリック) 
   この地図リンクは「和歌山県の観光情報」様から
  了承を頂いております

尺八を携え歩いた遍路

町石道 勝利寺付近


舗装坂道
 コンクリートの緩やかな坂道をテクテク・・・




 両端は柿畑のよおで、町石がホンマに点々と有り、これだけ短区間毎に町石が有れば道に迷う事はありまへん。
道端の町石



 町石もどれほどの大きさかと思ってましたが、人の背丈ほどあります。




 こんな大きな重い物を昔の人が運んで立てるだけでも、莫大な人力や資産を使ったやろおなぁ〜町石道 舗装道・・・スゴイでんなぁ。




 雨引山を上がって行く道はけっこう坂でキツく、途中に休息展望台が有りましたが、50mほど道から離れていたので休みませんでした。



柿畑の中を行く町石道
 チビット個人的な、わがまま言わせてもらえば、道端に作って欲しかったなぁ。
 展望は二の次でええから・・




 道の両脇は柿の木畑のよおでんなぁ。
 春先に行ったので葉も付いて無く枯れ木のようで、実を採りやすくするためか木は低くなってました。
麓が遠くに見える



 その柿の木畑を通り抜けると、雄大な吉野川を見下ろす景色が見え、ずいぶん高い所まで上ったんだなぁと実感します。




 しばらくテクテク・・・

柿畑を行く


 歩いてると「単なる連れ」が「アアッッ!!」と叫び木の根付近を指差します。




 こいつは、目だけが良く、何でも目ざとく見つけるからなぁ・・老眼のくせに・・
遠くを眺める



 なんじゃ?・・トカゲでも昼寝しとったんか?と思って指差す方向を見ると、




 杉の古株にチョコンと親指ほどの小さい地蔵さんが置いてありました。
砂利道



 だれかのHPで、「このような地蔵さんを作って目立たない所に置いている」というのを読んでたので、




 おぉぉ・・これかぁ・・なかなかやるじゃん。(^_^)



山道
 確か、四国の神峰寺へ行く途中でも見たなぁ。
 四国にしかないと思ってたが高野山でも置いてたのね。




 素朴な感じの良い顔した地蔵さんで、また人知れず置いてある場所といい、なかなか味の有る事をしまんなぁ。




 ワシもマネして作りたいけれど、作り方もわからんし、それに作った人の心が出ると思うから、ワシが作ってもこんなに素直な良い顔にならんやろおなぁ・・・


雨引神社


 やがて薄暗い杉木立の所で、赤い小さい鳥居が二つ有りました。




 はて?「二つ鳥居」に着くには早すぎるなぁ・・
と思って地図で確認したら、どおやら「雨引神社」の鳥居らしく、少し行くとその旨の案内看板がありました。




 疲れるから、わざわざ神社まで行かんかったけど・・・



 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具