HOME熊野古道記>町石道> 3 リ ス(二つ鳥居)
   熊野古道 町石道 地図(クリック) 
   この地図リンクは「和歌山県の観光情報」様から
  了承を頂いております

H16/6/19 UP

尺八を携え歩いた遍路

町石道を行く

 


杉木立を歩く

 杉木立の山道をテクテク・・・



 道路を横切る側溝のフレーチング蓋に「遍路マーク」が貼ってあり、思わずお懐かしゅうござんす。(^_-)



 町石が短区間に有るためか四国のように遍路札は、ほとんどブラ下がっていまへん。



 しかし、こおいう所で「遍路マーク」を拝見すると懐かしさが湧いて来ますなぁ。
「遍路マーク」


 やがて、「六本杉」の看板がある広場へ着きましたが、名前の云われのあるような杉は無く、単なる杉林に囲まれた広場でした。



 きっと、昔は大きな杉が六本生えていたんでしょうなぁ。
尾根道





 再び山道をテクテク・・・・



 途中、近くの茂みから何かが動いたので鳥かと思っていたのですが、「単なる連れ」が



「あっ・・リス!!」


「えっ?ほんとに?」
町石と道

「うん、尻尾が輪のように丸くなっており、リスだった」



と言うので、そおかもしれんなぁ・・
鳥だったらバサバサと羽音がするもんなぁ・・
惜しい事した、見たかったなぁ・・・



 再びテクテク・・・「六本杉」



 前夜は大雨だったので歩く道筋の凹んでる所では、雨水を含んだ枯葉が溜まっていたり、赤土が泥濘んだ状態になってます。



 うっかり足を入れると、グチャッ・・・

上古沢の分岐点

 あっ・・・汚ねぇ・・用心しなっくっちゃあ・・・



 しかし、わずかの区間だったら足元がグチャッとならないように、用心深く山肌の片側をソオッ〜と通り抜けますが、ずうっとその状態が続く所もあります。



 そんな時は、体を杖で支えながら片方の山肌を渡り歩くようにし「二つ鳥居」の休息所たり、完全に山肌の上に登って通り抜けました。



 しかし、ついに渡り歩けなく、山肌も高くなった所が有り、どおしてもグチャッと足下を汚さなければ、前へ進めない状態におちいりました。



 「単なる連れ」は「どうせ汚れてしまうんだから、そのまま歩いていこう」と言います。

休息所から見た「二つ鳥居」

 冗談じゃねぇ・・
 せっかくここまで苦労して、あんまり汚さずに来たんじゃから・・・
 なんとしてでも無事通り抜けてやるわい・・・


と「ガニマタ」のように山肌に両足を付けて踏ん張ってガタガタと前へ進みました。



 そのカッコウを見た「単なる連れ」が喜んで、こんな面白いカッコウを見た事無いと、ケラケラ笑いやがったのですが、ワシが上手に渡り終えたのを見届けると、さっそく自分もマネし始めてガタガタ歩きをしました。「二つ鳥居」より天川集落を望む



 おんのぉれえぇぇ〜・・・
 さっき笑いやがったクセしやがってえぇぇ〜。


 仕返しに、その姿を写真に撮って、後の世まで思う存分に笑ってやろうと、デジカメを準備して構えようとした時に渡り終えちゃった・・惜しい事をした。



 その難所を通過したら、すぐに東屋の休息所が見え「二つ鳥居」に着きました。
二つ鳥居


 休息所からの眺めは良く、麓に天川集落が見え、丹生神社が、どの方向か、わかりまへんでしたが、鳥居から拝める所らしいです。








 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具