HOME熊野古道記>町石道> 5 矢立(地蔵堂)
   熊野古道 町石道 地図(クリック) 
   この地図リンクは「和歌山県の観光情報」様から
  了承を頂いております
H16/7/5  UP
遍照の響き

 「二つ鳥居」からは下り坂で、トットと歩いてると、「ハラッ!?・・もうゴルフ場へ着いちゃったのね」という感じです。町石道 ゴルフ場付近


 「ゴルフ球が飛んで来るので注意」を促す看板付近には、ゴルフ球が数個落ちていました。
 よっぽど下手クソが打ったんやろおなぁ・・・


 ワシはゴルフをやらないので、よぉ〜わかりまへんが、ゴルフ球は高いらしいでんなぁ。
地蔵堂

 金に困ったら拾いに来て、どっかで売りさばこうかなぁ〜
「アンサン・・ええゴルフ球が有りまっせぇ」と、暗がりで声掛けて・・(^O^)


 少し行くと、これまたアッという間に「地蔵堂」へ着きました。
 小さいお堂かと思ってましたが、思ったよりしっかりしたお堂です。

豆地蔵
 またまた、小さいお地蔵さんを杉の古株に挟まっているのを発見・・テクテク・・


 ゴルフ場はけっこう大きいようで、もう見えないと思ったのですが時々チラチラと広大な敷地が見えます。


 やがて汽車が通る音が聞こえてくる頃、車の騒音も聞こえ、遠くに寺の建物と幟が立っているのが見えます。
山道

 ハレッ?・・あんな所に寺なんか有ったかなぁ?
 地図や案内書きには紹介してなかったでぇ・・高野山の下寺なんじゃろか?。


 そのうちスピーカーから歌が聞こえ始めたので、ここも俗化されて観光化されちまったのか・・・と思ってたら右翼の宣伝カーが下の車道を通り過ぎて行きました。
山道

 ほほおぉぉ、右翼も高野山参りするんか
 じゃけどそのウルセェ歌声をスピーカから流すの止めんかなぁ。
 きっと、鶴田浩二も草場の陰で迷惑して泣いとるでぇ。


 右翼の車が通り過ぎたら、また元の静けさに戻り、山道は車道と交わり「矢立」に着いた所に看板が有ったので、先程見えた寺の由緒書きかと思ったら違っており、そこの階段を上ると「地蔵堂」があり霊験あらたかだと書いてあります。


 腹が減ってたのと、半年ぶりに歩いたので足が痛かったので行かず、代わりに「矢立茶屋」へ行きました。

のどかな道
 名物の「やきもち」と言うのが有り、話の種に一つ買って食べてみたら・・・
 うん旨いでんなぁ・・・焼き焦げのような味もして・・・
 ワシは、あんまりお菓子を食べない人間ですが、ほのかな焦げ味がして美味しいと思いました。


 店先に大きな木の根っこで作ったテーブルと椅子があったので、持ってきた昼飯を食べていると、どこからか白い野良犬が近寄って来ます。


 あんらあぁぁ・・・こっちへ来なけりゃいいんじゃがなぁ。
 吠えられたり、何か欲しそうな顔して見られると困るんだけどなぁ。
町石と山道

 犬は、遠慮がちに近寄り、やっぱり欲しそうな二重瞼の目で黙って見ています。


 ううむぅ・・しかたがねぇ・・
 高野山伝説で白犬と黒犬が案内したというから、少し分けてやるか・・
峠付近

 食べていたソーセージを少し歯で囓り取り、犬に放り投げてやったら、コロコロと転がって幅の狭い側溝の中に落ちちゃったぁ。


 犬は、どうしょうかなぁ・・という風に、ワシの顔と側溝の中を見比べた後、口を側溝に入れるのですが、溝が深いためか取れないようで、またワシの顔を見ます。


 しょうがねぇなぁ、せっかくやったんじゃから、ちゃんと食べるんやでぇ。
 好き嫌い言って贅沢にも残しちまったら承知せえへんでぇ
と思いながら側溝に落ちたソーセージを拾ってやりました。


 犬は、その場で食べずに少し離れた所まで持って行き食べて、また欲しそうな顔して来ます。
まもなく矢立

 「おまぇなぁ・・・あれ1回限りのつもりやったんやでぇ。
  世の中、そんなに甘いモンやおまへんでぇ。
  ケチなワシが、またくれると思っとるんかいなぁ。」


と犬に話し掛けましたが、つぶらな目でジィ〜と見るので、またソーセージを囓って近くへ投げてやりました。


 この犬、よっぽど人間から辛い思いをさせられたのか、その場で食べずに必ず少し離れた場所まで持って行って食べます。
矢立

「お前も慈尊院付近で捨てられていたら、「ゴン」と名付けられて、もう少し幸せな一生を送れたかもしれんのになぁ」


犬は、こいつ何言っとるんじゃ・・という風にジィ〜とワシの顔を見てます。


「相棒の黒犬は、どうした? 居ないんか?」
犬は「ん?」・・という風に顔を傾けます。「矢立」野良犬


 そうしているうちに、車道の反対側からオバハンと首輪付けた太った茶犬が来ました。


 「あっ!!・・あの犬に見つかると吠えられて、イジメられるかもしれんから、早よぉ逃げろ。
 ケンカしたら、どおしても、オマエの方が弱そおで負けるじゃろうからなぁ。
 ほれぇ〜・・ボケェ〜ッと相手の犬を見てるんでねぇ
 早くどっかへ隠れるんじゃ。」
「矢立」野良犬

 茶犬は、こちら側へ来ましたが、野良犬には目もくれずにガソリンスタンドの方へ行き、野良犬も何事もなく見送ります。


 野良犬は、もうエサをくれないと思ったのか、ワシの顔を見てから茶犬の後をトコトコ追いかけました。


 茶犬に近づいても、茶犬は吠えたりケンカしたりしまへん。


あらあぁ・・顔馴染みの犬だったのね。





 関 連 ペ ー ジ
 町石道 紀伊路  伊勢路 本宮道 川丈道 大辺路
 当 H P   そ の 他 の ペ ー ジ
 四国遍路記 西国霊場記  木造校舎・廃校シリーズ  塩の道  イザベラ・バードの道 
尺八曲 音源  洋山流尺八  虚無僧寺訪問    遍路・野宿・車泊用具