HOME  >  熊野古道記「目次」 >  高野三山・女人道  > 3 初 鶯


 「高野三山・女人道」紀行文     「高野三山・女人道」紀行文      遍照の響き
                  「高野三山・女人道」地図

             2016.6.3 旅行       2017.3.14 UP


高野三山/黒河峠~揚柳山~子継峠「高野三山・女人道」紀行文

黒河峠


 高野三山・摩尼山からは尾根道になり坂道が続き、そのうちに崩れたような祠が有る所へ来たと思ったら、そこが黒河峠でした。


 「高野三山・女人道」紀行文   「高野三山・女人道」紀行文   黒河峠、「高野三山・女人道」紀行文
 

揚柳山

 「高野三山・女人道」紀行文    「高野三山・女人道」紀行文    「高野三山・女人道」紀行文
 楊柳山へ行く途中、ウグイスが鳴いており、谷渡りの「ケキョキョケキョ・・・」とも鳴いてます。

 琴・尺八の宮城曲「初鶯」の難しい谷渡りの箇所を思い出し、あの時はだいぶゴマかしたなぁ。

 口笛で鶯の鳴き声をマネしながら歩き、やがて高野三山の一つ揚柳山の祠が有る広場に着いて一休み。
 けっこう、この坂道はキツかった。

 広場の離れた所にもチッコイ祠が有るけれど、疎外されてるんじゃろか?。

 揚柳山、「高野三山・女人道」紀行文  揚柳山、「高野三山・女人道」紀行文  揚柳山、「高野三山・女人道」紀行文

子継峠

 「高野三山・女人道」紀行文    「高野三山・女人道」紀行文    「高野三山・女人道」紀行文
 歩いてると始めて熊鈴を鳴らしながら来る男の人と出会い、逆からも来る人がいるんだ。
 相手も、そう思ったかもしれんが・・

 子継峠には看板が一杯立っており、確かに四辻のようになってるので間違わないよおにしてるのでしょう。
 子継峠、「高野三山・女人道」紀行文  子継峠、「高野三山・女人道」紀行文  子継峠、「高野三山・女人道」紀行文
  i高野山「女人道」巡り、前へ 高野山「女人道」巡り、目次へ           遍照の響き、ホームヘ
       高野山「女人道」巡り紀行文 

当 ホームページ  一 覧 
 88箇所   四国    小豆島    篠栗
 33観音   西国    秩父    田名部海辺(下北)    津軽    庄内 
 会津   御蔵入(福島)   飛騨    越中   越後    信濃    遠江 
 津久井   安房(千葉)   伊豆    国東    九州西国
 古道等   熊野古道     塩の道      イザベラバードの道
 尺 八   尺八曲    虚無僧寺    洋山流
 その他   遍路・巡礼用具/車中泊        木造校舎・廃校  


無