HOME  >  熊野古道記「目次」 >  高野三山・女人道  > 6 弁天岳


 「高野三山・女人道」紀行文     不動坂口女人堂・バス停、「高野三山・女人道」紀行文      遍照の響き
                  「高野三山・女人道」地図

             2016.6.3 旅行       2017.4.4 UP


不動坂口女人堂より弁天岳へ

不動坂口女人堂のダイコン切口

 木立の不動坂口女人堂、「高野三山・女人道」紀行文  不動坂口女人堂、「高野三山・女人道」紀行文  不動坂口女人堂・前の車道、「高野三山・女人道」紀行文
 やがて木立の中から堂が見え、「不動坂口女人堂」に着いて一休み。不動坂口女人堂・祭壇、「高野三山・女人道」紀行文

 先に来ていた山ガールが納経所のジサマと話しているのを聞いてると、祭壇に飾ってあるダイコンの飾り方は高野山独特らしい。

 どれどれ・・と思って拝見すると、確かに祭壇の上に置いて有るダイコンの切口が、スパッと斜めに切られて立っており、おぉぉ・・さすが高野山独特!!・・いわれるまで気が付かなかった。不動坂口女人堂・室内、「高野三山・女人道」紀行文

 ベンチに座って休んでいると、けっこうバスから人が降りて来てどこかへ去っていき、バスが発着する一時は賑わいますが、その後は静かでんなぁ。

 この「不動坂口女人堂」の場所は、「高野七口」と言われる「不動坂」コースの起点らしく、橋本市へ向かって歩いて下りる人や、またそこから上がって来た人もいました。

 「女人堂」の室内にも入れ、入口には冷水が有りました。

弁天岳の「木の根」

 不動坂口女人堂・お竹地蔵と弁天岳登り口、「高野三山・女人道」紀行文    バス停より不動坂口女人堂、「高野三山・女人道」紀行文    弁天岳への山道・木の根、「高野三山・女人道」紀行文
 「不動坂口女人堂」前に、大きい地蔵さんが有り「お竹地蔵」と言うらしく、その横に弁天岳・登口の階段があります。

 弁天岳への山道を歩いてみると、けっこう「木の根」が道に露出してます。

 永年の踏み歩きで露出しており、自然の芸術作品ですが、あんまり根を踏みつけると木に悪い影響が出るのだが・・。
   弁天岳へ、「高野三山・女人道」紀行文      弁天岳へ・谷上女人堂、「高野三山・女人道」紀行文      弁天岳の「木の根」、「高野三山・女人道」紀行文
 途中に「谷上女人堂」の看板が有りましたが、ホンマに看板だけで他は何も有りません。

 弁天岳への山道の特徴は「木の根」が露出している事だと思い、けっこうキツイ坂道でした。

嶽弁天で昼食

 弁天岳・嶽弁天の鳥居、「高野三山・女人道」紀行文 嶽弁天・境内、「高野三山・女人道」紀行文 嶽弁天、「高野三山・女人道」紀行文

 鳥居が見えたと思った所が弁天岳の頂上で、朱色の鳥居が一杯建っている「嶽弁天」があり、けっこう広い境内です。

 時刻は12時、「中の橋」を6時に出発して休みながら、弁天岳頂上まで6時間ほどかかりました。

 屋根付きの休息所が有り、そこで持ってきたオデンを食べて昼食にしました。

 弁天岳の境内から初めて展望が開け、下界の風景が見えました。
    嶽弁天よりの展望、「高野三山・女人道」紀行文        嶽弁天より出発、「高野三山・女人道」紀行文
  i高野山「女人道」巡り、前へ 高野山「女人道」巡り、目次へ  
  高野山「女人道」巡り紀行文 
                  遍照の響き、ホームヘ


当ホームページの掲載一覧

88箇所

 四国  小豆島  篠栗

33観音

 西国  秩父  田名部海辺(下北)  津軽  庄内  会津  御蔵入(福島)  飛騨  越中
 越後  信濃   遠江  津久井  安房(千葉)  伊豆  国東  九州西国

古道etc

 熊野古道  塩の道  イザベラバードの道

尺八

 尺八曲  虚無僧寺  洋山流

その他

 木造校舎・廃校   遍路・巡礼用具/車中泊


ブログ 無

旅行